<   2008年 11月 ( 11 )   > この月の画像一覧

梅酒の梅で…

今年の6月末に、初めて梅酒作りをしました。
その梅の実を使って何か作れないかなーと探してみたところ、梅の砂糖煮というのがあったので、これを作る事にしました。
まぁ甘露煮と同じですよね(多分)

d0109683_22222488.jpg
見た目、普通の梅干しと変わらない(笑)
でも全然酸っぱくありません!! 当然と言えば当然か…(笑)
それに、ずっとアルコールに浸かっていたのに、全然アルコールの味がしません。
最初に10分ほど茹でこぼしてから、砂糖を加えてコトコト煮るだけなんですが、こんなにも食べやすい梅になるとは思いませんでした。

息子に試食させてみたら「美味しい~」「もっとー」と催促の嵐(笑)
ロデムさんには「全然酸っぱくない(ーー;)」といささか不評でしたが、いや、これはこういうものですから!!…って事で気にしなーい。

一見、材料だけだと梅ジャムと大した変わらない気がするんですが、どうやら梅の実のままで煮るか、種を除いて実を細かくしてから砂糖で煮るかの違いみたいです。
梅ジャムもいいけど、このままおやつ代わりに食べられるこの砂糖煮、なかなかオススメの一品ですよ~(笑)
(てか、「砂糖煮」って言葉かっこ悪くないですか??(笑) 「甘露煮」に訂正していいかなー(^_^;)



ちなみに梅酒の方ですが、とりあえず既に飲める状態にはあります。
ん~~~、これはこれで美味しいんですけど、ちょっと尖った味って感じですね。
以前、職場の人に1年以上寝かせた自家製梅酒を頂いた事があるんですが、それはそれはまろやかで美味しかったんです。
もう、ロックで何杯もいけちゃう!って感じで、かなり危険な美味しさでした(笑)

私もそれを目指しているんですが、今日、初めて試飲したロデムさんが「これでも十分美味しいんじゃない?」と、こちらはかなり気に入った模様。
この調子だと、1年待つ前に全部飲まれてしまうかも…!( ̄□ ̄;)
来年以降はもっとたくさん作って、そのうち2年もの、3年もの…と飲み比べをしてみたいものです。
 
[PR]
by ginji2007 | 2008-11-30 22:37 | 料理 | Comments(2)

意外とイケるかも?!

d0109683_20173863.jpg

さて、いきなり問題です。
これ、何だか分かりますか??
あ、前もって言っておきますが、一応食べ物ですよ~(笑)←見たら分かるって(^_^;

天ぷら?

ぶぶー。(←クイズの不正解の音)

鶏の唐揚げ?…にしては色が悪いけど。

ぶぶぶー。

何かのフリッター?

ぶーぶぶー。

残念でした。

答えはですねぇ…何と言っていいのか…
なんちゃってドーナツ風の揚げ菓子(長っ)、ですかね~(^_^;
バカな私は断面の写真を撮るのを忘れてしまったのですが、
ちゃんとドーナツみたいになってるんですよ。

で、何故こんなものを作ったのかと言うと、今日の晩ご飯はカツ丼でして、カツを揚げる衣に使った卵が余ってしまったんですね。
そういえば私が子供の頃、母が同じように揚げ物の衣で余った卵に砂糖や小麦粉を足して、油で揚げてドーナツみたいにしてくれました。
それで私も、何度かそれに挑戦した事があるのですが、どうも上手くいかないのです。
まぁ、卵に塩コショウが混ざってるので、そこに甘いものを足しても美味しくなるはずはないんですが(^_^;…母が作ってくれたのは美味しかったんですけどね。 おかしいなぁ??(笑)

そこで、「だったら甘くしなきゃいいのでは?」と思い、適当に小麦粉や粉チーズ、粗挽き胡椒を足して混ぜ混ぜ…
(砂糖は入れていませんよ~)
スプーンからボトッと落ちるくらいの固さになったところで、油で揚げてみたというわけです。

そして出来上がったのが上の画像なんですが、これが結構美味しく出来たのですよ!!
ただし…チーズがまんべんなく混ざってなかったようで、食べる個体によって味がマチマチだったんですが(苦笑)
思いつきで適当に混ぜた割には、これはこれでアリなのでは?と思う出来映えだったのです。

でもこれ、全部私の胃袋に入っちゃったので(試作だし)、客観的にはどうなのか今いち自信がないです(^_^;
今度また作る機会があったら、ロデムさんに訊いてみようと思います。
まぁ~何だか不気味がって食べてくれない予感がしますが…

以上、何だか訳の分からないお菓子製作報告でした。
 
[PR]
by ginji2007 | 2008-11-26 22:56 | 食べ物 | Comments(4)
今日のお昼は手作りバンズのハンバーガーでした。
いやーーー、かなり久々にパンを焼きました。
あまりにも久しぶりだったんで、一次発酵までにえらい時間がかかってしまいました(^_^;
でも手ごねって楽しいですね~~~

前回初めてバンズを焼いた時は、パンの本に載ってた「基本のパン」のレシピをそのままバンズの大きさにして焼いたんですが、今回は「Cpicon バーガーバンズ by けい♪」のレシピで作ってみました。

d0109683_15293137.jpg
これは2次発酵が終わって、焼く直前の写真です。
生地の上に卵液(ドリュールと言うらしい)を塗って、白ごまを振り掛けています。

直径10cmのセルクル(丸い型抜きのようなもの)があると綺麗に焼けるらしいのですが、うちにはセルクルがないので、アルミホイルを帯状に折りたたんで、直径10cmになるように丸めて止めてセルクルに見立ててみました。
こんな風に生地の周りにセルクル(これはアルミですが(^_^;)を置くと、大きさが一定になる他に、底になる部分が真っ直ぐ焼き上がるという利点があるのですね。

焼き上がったバンズはこんな感じになりました。
d0109683_15365488.jpg
ちょっと焼き色が薄いのが気になるところではありますが、一応きちんと焼けていました。
これがね~、とってもふわふわなんですよ!!
焼きたてをすぐにでも食べたい衝動に駆られましたが、いかんせんこれを焼いたのは夜中の1時…(^_^;
今日のお昼に食べるつもりで前もって焼いておいたので、ここで食べてしまう訳にはいかないと、ぐっと我慢しました(笑)

具を挟んでみました。
d0109683_15402849.jpg
これは明らかに前回よりも美味しそうです!!
何しろ形からして違う(笑)
前回のは何でこんなに盛り上がってるの…?っていうくらい、尖ったバンズになってしまいました。
今回は、見るからにハンバーガーって感じで大成功です(^-^)



そして今回のハンバーガーの目玉(?)は、「パテを牛肉の粗挽きにする」事でした。
夫(ロデムさん)の要望により、普通のハンバーグではなく、ステーキ肉を大きめの粗挽きにして、「お肉を食べてる~」って感覚に出来ないかな、という事にチャレンジしたんです。
しかしこれがなかなか難しく…やっぱりきめが粗いとお肉がまとまらないんですよね。
かろうじて何とかハンバーグ状にはなったのですが、平らに焼こうとすると余計バラバラになりそうで、結構大変でした。

粗挽きにするのも、我が家のフープロではちょうどいい粗さにできなくて、しょうがないので包丁で粗みじん切りに…(^_^;
これも骨の折れる作業でして、もうこりごり…って思いました(苦笑)
でも食べてみたらやっぱり普通のハンバーグとは違いましたね~。 小さいながらもお肉の食感が残ってるので、これはこれでなかなか良かったです。
でもロデムさんは普通のハンバーグの方がハンバーガーには合ってると思ったそうです(爆)
という訳で、今後この粗挽きハンバーグを作る事はないでしょう(^_^;

たまにはこういう手作りハンバーガーもいいもんです。
また忘れた頃に作ろうっと(笑)
 
[PR]
by ginji2007 | 2008-11-23 15:56 | パン | Comments(6)

メープルシフォン

昨日、メープルシフォンを焼きました。
だって、ナミナミさんがメープルシフォンの注文があった~とか、pinkさんがメープルシフォンに挑戦した~とかいう記事を読んで、いてもたってもいられなくなったんですもん(笑)

というわけで、前回作ったレシピに若干手を加え、作ってみました。
こうして振り返ってみると、メープルシフォンを焼いたのは2ヶ月ぶりなんですね~~~
本当に久しぶりですわ。

メープルシロップを入れるとよく膨らむという話を聞いたんですが、これも型に流した分量から想像していたよりも、遙かにモコモコに膨らみました。

珍しく焼き上がった直後の写真です。
d0109683_23575254.jpg
どうしてこんなに表面がボコボコしているかと言うと、最後に平らにならさなかったからです(^_^;
焼いてるうちに平らになるかと思ったら、ボコボコのまま膨らみだして焦りました(笑)
珍しく、自然に放射線状に亀裂が入ってくれました。 いつもは自分で切れ目を入れないと、放射線状には割れてくれないんですよね…

型から外す前。
d0109683_23581100.jpg
オーブンの天井に着きそうなくらい膨らんだので、ここまで大きく膨らんだら焼き縮みも激しいのでは?と心配したのですが、思ったほどは縮みませんでした。
そしてやっぱり表面がデコボコ…(^_^;;;

全体像。 なーんか見るからに固そうな気がしません?(笑)
d0109683_23581216.jpg
やたら角が鋭利というか(笑)、妙にカッチリとしてるな~と思ったら…

カットしてみると、案の定、固かったです…
d0109683_23582051.jpg
決してフワフワしてない訳じゃないんですけど、これはシフォンなのか?!って感じ…
粉の量が多かったのかなぁ…??
前回があまりにもベチャッとしてて食感が気に食わなかったので、ちょっと水分を減らしたんですよね。
そのせいか、今度はベチャッとはしてなかったものの、なんかシフォンの食感じゃない!って感じになりました。
う~~~ん、水分の加減が難しいーーー!!

味ですが、今回使ったメープルは前回同様、№3ダークで、メープルオイル(香料)も加えてみました。
そのせいか、かなりメープル風味が感じられるようにはなったのですが、食感が今いちなので全体的には不満の方が大きいです。

何より、息子が一口食べて「美味しくない」と言いましたからね(爆)
いやーーーー、これは凹みますよ。
何が嫌だったのか、聞き出そうにも正確な答えは得られず…
食感は、シフォンとしては固いけど、普通のケーキよりは断然ふわふわなんですよ。
だから固いから美味しくないって事ではないと思うんですよね。
だとすると問題はメープル臭さ??香料がマズかったとか??
う~~~ん、悩みます。

メープル大好きな私のメープルシフォンが完成するのはいつの日か…
 
[PR]
by ginji2007 | 2008-11-22 23:45 | お菓子 | Comments(4)
今日はバナナシフォンを焼きました。
レシピはタイトルの通り、TBSの料理番組「チューボーですよ!」の2001年8月18日の「バナナシフォンケーキ」で作りました。
というのも、バナナシフォンのレシピを色々探しているうちに、このレシピが今までで一番バナナの味が濃かった、というレポを書いているブログを発見したからです。
材料のグラム数が結構細かくて計量が面倒だったけど、忠実に守ってみました。

確かにこのバナナシフォン、バナナの量がハンパなく多いです。
いつも私が作っているのは17cm型で80g(小型のバナナ約1本分)ですが、このチューボーですよレシピは、みじん切りが60g、角切りが84g、合わせて148gもバナナを使うのです!
う~~~ん、上手く作れるのでしょうか??

というわけで、作ってみましたレポの始まり始まり~~~
今回は写真が多いのと、全体的にいつにも増して見苦しい写真ばかりなので、小さめ画像でお届けします(^ー^;



まずは型から外す前の写真。 生地の量があまり多くなかったので、膨らみ方は想像通りって感じでした。
d0109683_21582677.jpg
綺麗な裂け目が入らなかったので(まぁいつもの事ですが)、ナイフで切れ目を入れました。
いつもは途中でホイルを被せるのですが、今回はしっかり焼きたいという気持ちがあったので、あえてホイルは被せませんでした。
お陰でこんなに焦げちゃった…(汗)

そして!!
何か怪しい穴を2つ発見!!
分かりますか?手前と右側に丸い穴が開いているの。
まるでアリの巣穴のようにポッカリと…(苦笑)


拡大してみました。
d0109683_2262982.jpg
うーーーん、見るからに空洞がありそうな黒い影…怪しい匂いがプンプンしますね(笑)


型から外すとどうなっているのか…??
d0109683_22103661.jpg
側面は綺麗に剥がせました(パレットナイフ使ってます。うち、シフォンナイフないので…)
しかし、底の部分が変です。 穴が開いてます。
おまけに何だか歪んでいます。
でも上に空いていた穴を見てもっと凄い状況を想像していたので、これはかなりマシな気がします。


が!
穴の部分をアップにして撮していたら、異変に気付きました。
d0109683_22131537.jpg
さぁ、どこが変だか気付きますか?? 気付きますよね…
そうです! 筒の部分が「三段腹」みたいになってるんです!!( ̄□ ̄;)
こ、これは一体…!?
いわゆる焼き縮みってやつでしょうか?
外側は綺麗に焼けてるのに、筒の方がこういう風になるって事、あるんですねぇ~


そして問題のカット面。

これは酷いです。
我ながら笑っちゃうほど衝撃的な出来映えでした。

それはね…

d0109683_22161750.jpg
何ですか?この穴は?!
チョコやチーズなら溶けて空洞になるって予想できたんですが、バナナも溶けちゃうんですか?!
しかも角切りと言っても1cm弱ですよ??
それがこんな空洞になっちゃうなんて…いやーーー、マジでびっくり。


とりあえず少しでもマシなやつを探してみたんですが、これが限界でした。
d0109683_22194922.jpg
一番状態のいいやつがコレってどうなんだ…(苦笑)
焼き縮みしていた筒の部分は、焼き色の付いていた部分がベロッと剥がれてしまいました。
これも何か原因があるんでしょうか? 私にはよく分かりませんです…(´・ω・`)



とまぁ、見てびっくりなこのバナナシフォン、意外や意外、バナナが大量に入ってるのに、結構ふわふわなんですよ!!
これはとっても不思議でした。
うん、このふわふわ感、私が求めてる食感にかなり近いです。

そして、私としては、バナナがたくさん入ってる割に、それほどバナナ味を感じないな~って思いました。
いつも作るシナモン入りのバナナシフォンの方が、バナナ風味を感じる気がします。
でも、これは明日食べたらまた違った味に感じるかもしれません。
(むしろ明日食べてから感想を書いた方が良かったのかも…)

あ、これはプレーンシフォンですら満足なものが作れない私個人の感想なので、上手な人が作ったらもの凄く美味しく出来るんだと思います。
だからこのレポを見てもあまり参考にならないかも…(^_^;;;
ただ、何となく卵黄生地とメレンゲの固さの感覚が掴めてきたような気がするので、私自身は次回、シフォンを作る時の参考になりそうです(笑)
 
[PR]
by ginji2007 | 2008-11-18 22:39 | シフォンケーキ | Comments(6)
昨日の夜、マロンパウンドを焼きました。
渋皮煮のペーストと、甘露煮のぶつ切りを混ぜています。
(だからコラボと言ってみたり…(笑))

d0109683_19451983.jpg
今回は生地がとても均一に焼けました。
生焼けを心配して焼き時間を少し長めにしたのが良かったのかも。
※ちなみに前回前々回の記事を参照していただくと、より分かりやすいかと思います(^-^)

しかし、やっぱり中に混ぜる栗は甘露煮よりも渋皮煮の方が断然美味しい!!
刻んだ栗は前回作った渋皮煮の栗と同じ分量だったのに、何故か栗の味がしないんだよ~~~(涙)
ホント、甘露煮以外の材料は前回と同じなのに、こうも味が変わるなんて思ってもみなかったです。
(栗を細かくしすぎたせい??でも決してそれだけじゃない気がするのよね…)
生地自体は綺麗に焼けただけに、何かもの凄くショック…(´。`)

甘露煮がまだ少し残ってるので、それはまた追々何かで消費しなきゃ。
でも渋皮煮とこうも差が出ると、甘露煮でお菓子を作るモチベーションがなかなか上がりません(苦笑)
うーーーん、困ったぞ(^_^;;;
 
[PR]
by ginji2007 | 2008-11-17 23:02 | お菓子 | Comments(0)
昨日はバナナシフォンを焼きました。
ここんとこずっとマロンかプレーンばかり焼いてた気がするので、バナナはとっても久しぶりな感じがします。

いつもいつも同じような画像ばかりなので、今回は型から抜いた全体像は省略(笑)
至って普通の焼き上がりでした(笑)

ちなみにいつもはMサイズの卵を使用していますが、今回は訳あってLサイズで作りました。
本当はMサイズで作りたかったんですけどね…しょうがないです。
それから、いつも作っていたレシピを少し変えました。 変更部分は水分量ですね。 
いつものレシピ(本に載っていたやつからベーキングパウダーを省いたものです)だと油大さじ2の他に水分が入らないのです。
これは多分、ピューレ状にしたバナナを水分と捉えてるからかな~と思うんですが、私としてはもうちょっとふんわり感が欲しいところ。
そこで油の量を若干増やし、牛乳を大さじ2ほど追加してみました。

というわけで、カットしてから撮影~
d0109683_14134935.jpg
う~ん、やっぱり水分を増やしたせいか、ちょっとべちゃっとした口当たりなんですよねぇ…
いつものレシピよりふんわりしてるのは確かなんですが、しっとり通り越してべっちゃりしてる印象…

ちぎってみた感じ。
d0109683_1418287.jpg
う~~~ん、だから何?って感じの画像ですよね(^_^;
とにかく、何か今ひとつ足りない感じがしました。 それが何か分からないのが問題なんですけど(笑)
どっちみち卵のサイズが違う(=分量が違う)ので、今回の結果は暫定というか、あまり参考にはならない気がします。
今度はちゃんとMサイズで作って食べ比べてみなくては!
 
しかし…こんなにシフォンを焼くのなら、「シフォン」というタグを作っておけばよかったなぁ~
このブログを始めた当初は、こんなにお菓子の記事ばかり載せる予定じゃなかったので、あえて「お菓子」っていうタグしか作ってなかったんですよね。
今までのやつ、編集しようかな…(^_^;
うん、そうしよう!(笑)
 
[PR]
by ginji2007 | 2008-11-13 14:29 | シフォンケーキ | Comments(10)
さて、まずはこちらのお菓子をご覧下さい。
d0109683_1725288.jpg
このお菓子、何て呼んでますか?
私は「横綱」って呼んでます。 
他にも横綱あられとか綱あげとかひねり横綱とか、色々呼び名があるようですが、とにかくこのお菓子の見た目からして「綱」を連想させるのは間違いないようです。
私の勝手な想像ですが、元々は力士の横綱が締めるまわしの「綱」からこのお菓子が誕生したのでは?などと思っています。

で、この写真のお菓子。

最近よく見かけるスーパーやコンビニ等のプライベートブランドのような(それとはちょっと違うかもしれませんが)、105円均一で何種類も色々なお菓子が揃っているシリーズの中に、これがありました。

てっきり「横綱」だと思ったんですが…
 
d0109683_173287.jpg
                小結ですってよ!!(爆)

なんて控え目な名前なんでしょう!!(笑)
意味が分からない方のために説明しますと、相撲の順位って上から「横綱」→「大関」→「関脇」→「小結」→「前頭」になっており、会社にたとえると横綱を「社長」とするならば、前頭は「平社員」ってトコですかね。

そんな訳で、このお菓子の名前がいかに謙虚だかお分かり頂けるかと思います。
もう、ロデムさんと二人して大ウケ(笑)
その上、塩加減もちょうどよく、とても気に入ってしまいました。

という事で、ちょっと面白いな~と思ってUPしてみました。
  
[PR]
by ginji2007 | 2008-11-11 17:35 | お菓子 | Comments(2)
本当は週末に作る予定だったチーズケーキですが、予定がずれて今日になりました。
というのも、土曜日に宅配ピザを注文した時、一緒にサイドメニューのレアチーズケーキも頼んでしまったのです。
だって「数量限定」って書いてあったんだもん…(笑) ちょっと気になるじゃないですか。
でもね、ぶっちゃけ言うと値段の割にあまり美味しくはなかったんですよ。
あ~損な買い物した~~~って気分。

という訳で、がっかりした分を取り戻すべく、作りましたよ、チーズケーキ。
さすがにレアチーズが続くのはアレだと思ったんで、ベイクドで。

ベイクドの時は、たいていクリームチーズの箱に載ってるレシピで作っちゃいます(笑)
いつもフィラデルフィアのクリームチーズを使うのですが、確か前は普通のベイクドチーズケーキだったレシピが、今回はなめらかベイクドチーズケーキになっていました。
定期的にレシピが変わるんでしょうか??
普通のベイクドに比べると、卵と生クリームが倍量になっています。

で、完成したのがこちら。 
d0109683_21101471.jpg
やっぱりてっぺんが焼きすぎた~~
ベイクドチーズケーキが丁度いい色で焼き上がった試しがありません(´。`) 
とういわけで画像は小さめで(苦笑)

これ、一応途中でホイルを被せたんですよ。 で、一旦所定の焼き時間になったので焼き具合を確認しようと取り出してみたら、何となく色気が悪かったんですね。 しかも生焼け。
というわけで、今度はホイルを被せずに10分焼き時間を追加したんです。 そしたら今度はこんなに黒くなってしまいました(T_T) やっぱりホイル被せたままの方が良かったのかな…

カット面はこんな感じ。
d0109683_21121684.jpg
フィラデルフィアのレシピページにある完成図と全然違うのは何故…(汗)
色は原因がはっきりしているのでともかくとして、形状がまったく違うんですけど…何故?どうして?!
てっきり真ん中が凹むと思っていたんですが、思いっきり平ら…(^_^;;;
生焼けを気にして焼きすぎたんでしょうか? う~ん、謎です。

まぁ細かい疑問はこの際無視するとして(笑)、お味の方は美味しかったですよ~~!
「なめらか」というだけあって、普通のベイクドよりも軽めでしっとりしています。
スフレとベイクドの中間みたいな感じかな??
チーズケーキが好きな息子は、一口食べて「美味しい!」と言ってくれました。

d0109683_21261066.jpg
これを見たロデムさん(あ、夫です)、「自分で作ったの?」と訊いてきました。
焼き色の付き方がとても綺麗だったので、売り物だと思ったみたいです(売り物はこんなに焦げないですから!!)
そういえば今までの中で一番焼き面が綺麗かも!(焼きすぎだけど)
味の方も申し分なしだったみたいです。

というわけで、久々のベイクドチーズケーキは大成功???に終わったのでした(^▽^)
(…??ホントに大成功なんだろうか?(笑))
 
[PR]
by ginji2007 | 2008-11-10 21:44 | お菓子 | Comments(2)

プレーンシフォン研究

昨日、先日焼いたプレーンシフォン(コチラ)の分量を見直して焼いてみました。
今回は前回に比べて水分の量を増やしています。
油・牛乳ともに大さじ2→どちらも40mlにしました。 計量スプーンとカップじゃ比べにくいですよね(苦笑)
一つ前の記事のマロンシフォンが水分多すぎて失敗したので、それより若干減らしたって感じの量です。
あと、砂糖の量を少し減らしました(80g→70g)

そしたら…やっぱり水分が増えると焼き縮みが起きちゃうんでしょうかね?
焼いてる時は膨らんでくれたんですけど、冷ましているうちにてっぺんがみるみる萎んでしまいました。
それ以前に、生地がゆるくて全体の分量が減った感じ…いつもはガチガチにメレンゲを立てるんですけど、今回はその一歩手前にしてみたんですよね。
色々な方の作り方を見ていると、メレンゲの角が少しおじぎするくらいのものも見かけたので、私も少し緩めにしてみました(と言っても、おじぎするのを通り越して角が立ってしまったんですが、いつもに比べたら緩いという事です)

とりあえず、型から外したところ。 これはパレットナイフを使いました。
d0109683_13325822.jpg
画像がちょっと暗いですね(^_^; やっぱり手で外すより綺麗です…どうしても手外しだと側面が剥げちゃうんですよねぇ~~~

切ってみたらこんな感じ。
d0109683_1334134.jpg
水分が多いからか??穴がポコポコ開いてます…
まぁこれは特に穴が目立ったやつを撮したので、もうちょっとマシなものもあるんですが、う~~~んって感じです。

で!!
前回のやつを少し冷凍して残しておいたので、解凍して(もちろん常温に戻して)食べ比べをしてみました!
食べる前にまず外見から比べてみましょう~~~。

左が前回の、右が今回の。 
d0109683_13354820.jpg
こうして見ると、今回のが縮んだのがよくわかる~~~

ちぎってみました。
d0109683_13372275.jpg
これも左が前回ので右が今回のです。
どうでしょう?ちょっと判りにくいですかね…前回(左)の方がキメが細かいというか、逆を言えば今回(右)の方がキメが粗いというか。
多分、このキメの粗さが食べたときのふわふわ感を生み出してるんだと思うんですけど、そういう意味で言えば、今回の方がふわふわに仕上がったって事になりますよね。

で、肝心の食感ですが、やっぱり今回の方がふわふわしていて美味しかったです!!
私が目指す食感に一歩近づいた感じ。
前回のも決してマズい訳じゃないんですけど、やっぱりちょっと固いかな~って思います。

というわけで、とりあえず一歩前進o(^-^)o
ただ、もうちょっと周りに焼き色が付くまで焼いた方がいいのかな~?っていう気がしたり…
てっぺんの裂け目にも焼き色が付くくらい、しっかり焼くと焼き縮みが少ないって読んだので、今度焼く時はもうちょっと焼き時間を長めにしようと思います。

これを何とか完成させて、目指すは来年のバザー出品!(爆)
頑張るぞーー!!
 
[PR]
by ginji2007 | 2008-11-07 13:53 | シフォンケーキ | Comments(2)

お菓子・消しゴムはんこ・裁縫…雑多な趣味の画像倉庫。リンクフリーですが、ひと言いただけると嬉しいです。また、記事に関係のないコメントやTBはご遠慮願います。


by ginji2007