<   2007年 11月 ( 9 )   > この月の画像一覧

塩味のプチシュー

今日は久々に…こっちに引っ越してきてから初めて作ったので、優に1年半以上ぶりにグージェールというお菓子を作りました。
これは、タイトルにある通り「塩味のプチシュー」で、フランスのお菓子です。
塩味というだけじゃなく、本来はグリュイエールチーズ(グリエールチーズ)やカイエンヌペッパーが入る、ちょっぴり大人のお菓子で、本場フランスではワインと一緒にいただくんだそうです。

私は今回、グリュイエールチーズの代わりに富澤商店「マリンフード ダイスカット(サイコロ)チーズ」と、粗挽きブラックペッパーを入れて作りました。
グリュイエールチーズはクセがないチーズなので、普通のプロセスチーズでも代用は可能ですし、もっと濃厚な味にしたいのであれば、パルメザンを加えてもいいと思います。
このダイスカットチーズは元々8mm角にカットされているのでとても使いやすかったです。

d0109683_2353998.jpg
オレンジ色がかった小さな四角い粒がチーズです。

このお菓子の事を知ったのは、私が毎年買っている家計簿の、ページの余白に書かれた料理やお菓子に関する小話を読んだからです。
そこには「グージェールとはこんなお菓子」っていうような説明はあったものの、分量などは一切書かれておらず写真もなかったので、自分が作ったこれを果たしてグージェールと呼んでいいのかどうか、疑問に思っていました(^ー^;

でもここに画像をUPするにあたり、念のために確認しておこうとグージェールのレシピを検索していたら、私が作ったコレとほぼ同じ見た目だったので一安心!
これで胸を張って「私、グージェール作りましたよー」って言えます(笑)

今回かなり久々だったという事で、シュー生地の作り方で手間取ってしまいましたが、何とか膨らんでくれました。
もうちょっとチーズの量を増やしても良かったかも…
3歳の息子に食べさせてみたら「柔らかくて美味しい」と言われましたが、本来そんなに柔らかいお菓子じゃないような気が(汗)
もっとサクッとした食感の方が「正しい」気がしますが、こればかりは本物を食べたことがないので何とも言えません…

普通のプチシューと違って、中にカスタードクリームを入れる手間も必要ないし、手軽に作れるので、とりあえずシュー皮を焼いてみたい人!って人にオススメです(^-^)
 
[PR]
by ginji2007 | 2007-11-29 23:52 | お菓子 | Comments(4)

重宝してます

焼きメレンゲを作るようになってから、密閉できる容器が欲しいな~と思っていました。
メレンゲって湿気を嫌うので、そのまま皿に盛っておく訳にはいかないんですよね~

そんな時、出会ったのがこのキャニスター。実家に帰省した際、近所の100均(!)で売ってました。
本当はもっとちゃんと金具か何かで密閉できるものが良かったんですが、大きさも手頃だし、何よりお値段が魅力的!(笑)…ってな訳で、試しに1個買ってみました。
ちなみに最初に買ったのはブルーの蓋のやつです。

そしたら、ちょうど卵白1個分がほどよく収まるし(少し入りきらないですが、何個か試食してるうちに丁度良くなります(爆))、乾燥剤を入れなくても食べ終わるまでに湿気る事もなく保存できる事が分かったので、帰省するたびにちょこちょこと買って帰るようになりました。
まぁ今はちゃんと乾燥剤も入れて保存はしてるのですが。

d0109683_13482128.jpg
今現在、我が家にあるキャニスター達。色柄はバラバラですが大きさが一緒なので並べると少しはサマになります(^-^)
他にもまだ違う色柄のものが売られてたのですが、これだけあれば、もう買う必要はないですよね(笑)
 
[PR]
by ginji2007 | 2007-11-24 14:09 | 食器 | Comments(0)

マフィン@失敗…

先日実家へ帰った際、近所の100均でマフィン用のカップを買ってきました。
私はどうもマフィンが苦手でして(作るのが)、今まで綺麗に膨らんだ試しがありません。
どういう訳か、上が平らになってしまうんです。そして上に膨らまない分、生地がカップの外に流れ出てしまうのです。まるで平らの部分が蓋の役目でもしているかのように、膨らみを邪魔するんです。
丸くほっこりと膨らまない原因って何なんでしょう??マフィンを作るたびに、お菓子作りに対する自信がなくなってしまいます…
そんな訳で、いつも「今度こそ」と思って焼くのですが、今回もやっぱり4個中2個が失敗でした。


何とか形になったものだけ撮ってみました…ものすごく“いびつ”なのが分かりますよね?(^ー^;
d0109683_1462220.jpg
とりあえず膨らんではいるものの、私が理想とするマフィンの膨らみからは程遠いです。もっと…なんていうかカリフラワーっぽい形になって欲しかった(T_T)
マフィンって手軽に作れそうなイメージがあるのに、私にとっては鬼門のようです。



お菓子の話からガラッと変わって…今日、スキンを冬バージョンに替えてみました。
もう雪が降り始めたと言うのに、楓の模様はないよなぁ~と思って。
しばらくはこの雪の結晶でいくつもりです。
素材探しも結構楽しいものですね。
 
[PR]
by ginji2007 | 2007-11-23 02:01 | お菓子 | Comments(0)
17~19日、実家に帰省していました。
メインのブログでも書いたんですが、先月下旬~今月頭まで母が入院しまして、退院してからは初の帰省となります。

で、母はプリンが大好きなので、手土産に焼きプリンでも持って行こうと15日の夜にプリンを作りました。
卵黄を多くつかうレシピなので、翌17日に残った卵白を使ってお菓子を作りまくりました。
それから、予め持って行こうと計画していたパウンドケーキも焼きました。17日はホントに大忙しだった~~~

卵白のお菓子達。
d0109683_11172179.jpg
左上がココナッツのクッキー、真ん中がダックワーズ、右上がメレンゲです。

メレンゲは固~く立てすぎたので、綺麗なティアドロップ形にはなりませんでしたが、サクサクシュワーで美味しくできました(^-^)
ココナッツクッキーも薄く伸ばしたので、焼き色が付きすぎたもののサクサクと軽い口当たりでまずまずの出来。
問題はダックワーズ…最初、レシピ通りの時間で焼いたら全然焼き足りなくてブヨブヨ。冷めたら多少固まるとは言っても、あまりにも酷すぎな感じ。
そこで焼き時間を伸ばしてみたら、今度は表面だけカチカチに固いくせに、中はモッサモサ…
う~~~ん…前に焼いた時はこんなんじゃなかったのになぁ??どうしてなんだろう?
いつもと違うアーモンドプードルを使ったから?(んなまさか…でも味は前回とは全然違った。独特の風味が出たというか。これはアーモンドプードルのせいとしか考えられない) 粉糖を掛け過ぎたとか??
智はともかく、ロデムさんは特に違和感なく食べたみたいだけど、私はちょっぴり納得がいかない出来映えでした。

そんな訳で、実家にはプリンとパウンドケーキと焼きメレンゲを持っていきました。
(ロデムさんの実家は甘いものを食べないので持って行ってません。今回は母の退院祝いも兼ねてるので、自分の実家分だけという事で…)
プリンは、今まで食べたこともないくらい苦いカラメルソースになっちゃって、私としてはかな~り凹んでしまったのだけど、母もロデムさんも「そうでもなかったよ?」との事。ホッ…
焼きメレンゲは写真の瓶ごと持って行ったのだけど、帰る段階になっても残っていたのでそのまま持って帰ろうと思ったら、母に中身だけ別容器に移し替えられ、空っぽの瓶だけ返されました(^ー^;
まぁ気に入って貰えたんだから喜ぶべきですよね(苦笑)

帰省中、近くの100円ショップで紙製のマフィン型を買ったので、今度はマフィン作りに挑戦します。
もし上手に膨らんだら写真を載せます(笑) いつも綺麗に膨らまなくて、気分が落ち込んじゃうんですよねぇ…何とかプックリと可愛く膨らんで欲しいものです。
 
[PR]
by ginji2007 | 2007-11-20 11:55 | お菓子 | Comments(4)
卵の在庫が落ち着いてきたので以前ほど「お菓子を作らなきゃ!」とは思わなくなり、この週末は何も作らず過ごしたのですが、作り置きのお菓子がなくなった途端、何だか寂しくなってまた作っちゃいました(笑)

今日作ったのはアーモンドをトッピングしたパウンドケーキ。アーモンド風味としっとり感を出すために、アーモンドプードルも加えています。
焼く前はトッピングの量はこんなもんかな~って思ったのですが、焼き上がったらちょっと物足りないような…

d0109683_22562776.jpg


実は7日にもパウンドケーキを焼いたのですが、牛乳を加えた時に油断したせいで生地が分離してしまい、幾分不満の残る仕上がりになってしまいました。
たった大さじ1杯でも、一気に入れてしまったのがマズかったみたいです。
それと、何故か底の方が生焼けになってしまいました。
先日焼いたカトルカールのバターケーキよりも焼き時間を長くしたので、焼き上がりは特に確認せずそのまま型から外してしまったのですが、切り分けてみたら底の方に若干生焼け部分があってショック…
う~ん、牛乳大さじ1杯がここまで仕上がりを左右するものなのか?不思議です…

そんな訳で、今回は牛乳の加え方に気を配るのはもちろん、生焼けにならないように焼き時間を長くしてみたのですが、今度は上の方が焼け過ぎちゃいました…(;´Д`)
うちのオーブン(オーブンレンジ)は庫内の天井が低いので、長く焼くと焦げちゃうんですよね…これまた油断してました(´・ω・`)

あと、以前はケーキの側面に焼き色を付けたかったので、敷紙をせずに型にバターを塗って強力粉をはたいてから直接生地を流して焼いていましたが、参考にした本に「敷紙をした方が焼き上がった時にケーキを取り出しやすい」と書いてあったので、それもそうだよなぁ~と思って敷紙をするようにしてみました。
そしたら思いの外、焼き色が付かないんですよね~上は焦げかかってるのにサイドは色白(苦笑)
このバランスの悪さをどうにかしたいです…

まぁ色はともかく、味&しっとり感はバッチリでした(≧∇≦)
ロデムさんも気に入ってくれたようで「ナッツが効いてる」って言ってました。
作ったお菓子を美味しいと言って貰えるのは本当に嬉しいものですね。



以下、自分のためにレシピ覚え書き~

バター 100g
薄力粉 70g
アーモンドプードル 60g
卵 2個
牛乳 大さじ1
トッピングのアーモンドスライス 適宜
 
[PR]
by ginji2007 | 2007-11-13 00:00 | お菓子 | Comments(0)
まぁリベンジなんて大袈裟なものではないのですが。
前回の時は牛乳を入れ忘れて若干ボソボソになったので、今度は大丈夫でした~って報告というか(笑)
実は、前回と今回の間にも一度スイートポテトを作ったんですよ。でも写真撮るの忘れちゃったのでした(^ー^;

d0109683_1351745.jpg
焦げ目は前回の方が美味しそうな気がしないでもないですが…構図はこっちの方が美味しそうに見えませんか?(笑)
ま、写真の構図はともかく、食べた結果もこっちの方が美味しかったみたいです。ロデムさんが「今回のはイイんじゃない?」って言ってくれました(^▽^)

ちなみに、前回は使い捨てのスイートポテト型(アルミホイル製)で作りましたが、その型がなくなっちゃったので、今回は先日購入したステンレス製のボート型にパラフィンの敷紙を敷いて焼いてみました(なので使い捨てではありませーん)
この型は本来マドレーヌとかタルトを作るためのものらしいですが、私はスイートポテトで活躍しそうです。

スイートポテトでは卵黄しか使わなかったので、余った卵白でお菓子を作る予定だったのですが、お出掛けしたせいで作れませんでした。
卵白は2個。今度は何を作ろうかな~~~。…なんて考えるのも楽しいですね。
 
[PR]
by ginji2007 | 2007-11-07 01:51 | お菓子 | Comments(0)

パウンドケーキ

昨日は「お菓子作りのなぜ?がわかる本」を参考にして、パウンドケーキ(バターケーキ)を焼きました。

(ひとつ前の記事の「ビスキュイ・ア・ラ・キュイエール」もこの本を見て作りました)

d0109683_15572359.jpg


バターケーキとパウンドケーキって同じ物を指すのだと思ったら、さきほどネットで調べてみたところ、バターケーキはバターを使ったケーキの総称で、その中にパウンドケーキやマドレーヌが含まれるという事なんですね。
また、パウンドケーキというのは、いわゆる「パウンド型」で焼くからそう呼ぶもんだと思っていましたが、小麦粉とバター、砂糖、卵をそれぞれ1ポンド(1pound=454グラム)ずつ配合して作られるためそう呼ばれるというのも、初めて知りました(無知です…)

また、この「小麦粉・バター・砂糖・卵を同分量で作る」お菓子の事を総じて「カトルカール」と言うそうです。
カトルカールとは「四同割」という意味のフランス語だそうです。
要するに、このカトルカールこそがパウンドケーキの基本という事になるのですが、私が今まで作っていたレシピは、これとは違う分量でした。
まぁ材料の分量をアレンジするのはお菓子作りにおいてよくある話ですが、私は基本を全く知らないうちに、応用をやっちゃってた訳ですね(^_^;

で、昨日焼いたのはこのカトルカールでして、材料は全て100gで作りました(卵は2個で正味100g)。
本にはこれにレモン汁やラム酒を加えると書いてあったのですが、私はレモン風味があまり好きじゃないし、プレーンなお菓子にラム酒を加えるとクセが出て智が食べられないかも?などと余計な心配をし、本当にたった4種類の材料のみで作りました。
焼いてる途中、レモン汁やラム酒の代わりに牛乳を足せばもっとふんわりしっとり出来たのかなぁ~なんて思ったりもしましたが、いやいやいやいや、そんな心配は杞憂に終わりました。

というのも、今回作ったこのカトルカールが、今まで作ったパウンドケーキの中で一番美味しく出来たから!!(≧∇≦)
多分、本に書いてあったコツを忠実に守ったから成功したんだと思いますが、それにしてもこの差は…
私が今まで作っていたあのパウンドケーキは一体何だったんだ?あんなので得意げになって友達にお裾分けしてたのか?って思ったら恥ずかしい~~~(;´Д`)

d0109683_15573871.jpg
これが切ってみたところ。
気泡がたくさんありますが、これは気にしなくていいそうです(本の写真もこんな感じでした)
底の方がボコボコしているのは、粗熱を取るために置いた網の跡のせいです(^_^;

そんな訳で、もっとパウンドケーキが焼きたい!と思った現金な私でした(笑)
  
[PR]
by ginji2007 | 2007-11-05 16:40 | お菓子 | Comments(2)

フランスのお菓子です

その名もビスキュイ・ア・ラ・キュイエール
先日買ったお菓子の本に作り方が載っていて、これなら何とかなるかも?と思って挑戦してみました。

d0109683_358192.jpg


これは絞り袋を使って細長く絞り出してから焼くのですが、どうも泡立て方が足りなかったか、もしくは泡を潰してしまったか、絞り出す時に生地がだれてしまいました。
別名「フィンガー・ビスケット」とも呼ぶらしいのに、どこが指じゃー!っていうくらい太い…(汗)
そんな訳で、隣同士間隔を開けて絞り出したつもりが、どんどん広がってくっついてしまった…( ̄□ ̄;)
焼き上がってからポキポキと分離させて何とか形にはなりましたが、ちょっと失敗です。これなら出来そうと思った自分が恥ずかしい(;´Д`)
(そのくせ、そんな作品を堂々とブログにUPしてるなんて、矛盾してますね(^ー^;)

食感はと言うと、外はカリッと、中はサクサクとした軽い口当たりでした。
でも…歴史のあるお菓子という事で、製法・材料がシンプルだからかもしれませんが、何となく物足りない気がしました(´・ω・`)
質素なお味とでも言いましょうか、こってり好きの私には、このお菓子はあっさりしすぎな感じです(苦笑)
これなら2枚合わせて間にクリームを挟んだりするといいかな?って思いました。

今後このお菓子を作るかどうかは、家族の反応を見て決めたいと思います(笑)
  
[PR]
by ginji2007 | 2007-11-04 04:00 | お菓子 | Comments(0)

ココナッツクッキー

今まではプリンを作った後、余った卵白を使って焼きメレンゲを作る事が多かったけど、今回はmarimo cafeさんのレシピで、ココナッツのクッキーを焼いてみました。
写真がちと暗くなってしまいました…(´・ω・`)

d0109683_93171.jpg
うーん、上手に丸く生地をのばすのが難しかったーーー!
実はこれ、3回目(卵白3個目)でようやく成功したんです(^ー^;;;
1回目は厚ぼったくなりすぎ&形がガタガタ、2回目は今度は薄すぎて焼きすぎ(というか焦げた??)、そして3度目の正直というか今回でようやく、それらしい形になりました。

メレンゲのサクッとしてシュワーっとした食感もいいけれど、ココナッツのシャリシャリとしてカリッとした食感もこれまたいいです(^▽^)
ロデムさんにも智にも好評でした♪
メレンゲ同様、口当たりが軽いので、食べ始めると止まらないーーー!!!
まさに食欲の秋、スイーツの秋!?(笑)

こんなに毎日のようにお菓子を作っていても、まだまだ我が家には卵がたくさんあります(;´Д`)
(現在、冷蔵庫に5パック+2個。52個ですよ!!)
やっぱり料理にも活かすべきですよねぇ…オムライス、オムレツ、天津飯…料理のレパートリーが少ないので悩んでしまいます(´・ω・`)
とりあえず、来週いっぱいは卵料理&お菓子のオンパレードになりそうです。
 
[PR]
by ginji2007 | 2007-11-02 09:21 | お菓子 | Comments(2)

お菓子・消しゴムはんこ・裁縫…雑多な趣味の画像倉庫。リンクフリーですが、ひと言いただけると嬉しいです。また、記事に関係のないコメントやTBはご遠慮願います。


by ginji2007