カテゴリ:お菓子( 91 )

メープルシフォン

昨日、メープルシフォンを焼きました。
だって、ナミナミさんがメープルシフォンの注文があった~とか、pinkさんがメープルシフォンに挑戦した~とかいう記事を読んで、いてもたってもいられなくなったんですもん(笑)

というわけで、前回作ったレシピに若干手を加え、作ってみました。
こうして振り返ってみると、メープルシフォンを焼いたのは2ヶ月ぶりなんですね~~~
本当に久しぶりですわ。

メープルシロップを入れるとよく膨らむという話を聞いたんですが、これも型に流した分量から想像していたよりも、遙かにモコモコに膨らみました。

珍しく焼き上がった直後の写真です。
d0109683_23575254.jpg
どうしてこんなに表面がボコボコしているかと言うと、最後に平らにならさなかったからです(^_^;
焼いてるうちに平らになるかと思ったら、ボコボコのまま膨らみだして焦りました(笑)
珍しく、自然に放射線状に亀裂が入ってくれました。 いつもは自分で切れ目を入れないと、放射線状には割れてくれないんですよね…

型から外す前。
d0109683_23581100.jpg
オーブンの天井に着きそうなくらい膨らんだので、ここまで大きく膨らんだら焼き縮みも激しいのでは?と心配したのですが、思ったほどは縮みませんでした。
そしてやっぱり表面がデコボコ…(^_^;;;

全体像。 なーんか見るからに固そうな気がしません?(笑)
d0109683_23581216.jpg
やたら角が鋭利というか(笑)、妙にカッチリとしてるな~と思ったら…

カットしてみると、案の定、固かったです…
d0109683_23582051.jpg
決してフワフワしてない訳じゃないんですけど、これはシフォンなのか?!って感じ…
粉の量が多かったのかなぁ…??
前回があまりにもベチャッとしてて食感が気に食わなかったので、ちょっと水分を減らしたんですよね。
そのせいか、今度はベチャッとはしてなかったものの、なんかシフォンの食感じゃない!って感じになりました。
う~~~ん、水分の加減が難しいーーー!!

味ですが、今回使ったメープルは前回同様、№3ダークで、メープルオイル(香料)も加えてみました。
そのせいか、かなりメープル風味が感じられるようにはなったのですが、食感が今いちなので全体的には不満の方が大きいです。

何より、息子が一口食べて「美味しくない」と言いましたからね(爆)
いやーーーー、これは凹みますよ。
何が嫌だったのか、聞き出そうにも正確な答えは得られず…
食感は、シフォンとしては固いけど、普通のケーキよりは断然ふわふわなんですよ。
だから固いから美味しくないって事ではないと思うんですよね。
だとすると問題はメープル臭さ??香料がマズかったとか??
う~~~ん、悩みます。

メープル大好きな私のメープルシフォンが完成するのはいつの日か…
 
[PR]
by ginji2007 | 2008-11-22 23:45 | お菓子 | Comments(4)
昨日の夜、マロンパウンドを焼きました。
渋皮煮のペーストと、甘露煮のぶつ切りを混ぜています。
(だからコラボと言ってみたり…(笑))

d0109683_19451983.jpg
今回は生地がとても均一に焼けました。
生焼けを心配して焼き時間を少し長めにしたのが良かったのかも。
※ちなみに前回前々回の記事を参照していただくと、より分かりやすいかと思います(^-^)

しかし、やっぱり中に混ぜる栗は甘露煮よりも渋皮煮の方が断然美味しい!!
刻んだ栗は前回作った渋皮煮の栗と同じ分量だったのに、何故か栗の味がしないんだよ~~~(涙)
ホント、甘露煮以外の材料は前回と同じなのに、こうも味が変わるなんて思ってもみなかったです。
(栗を細かくしすぎたせい??でも決してそれだけじゃない気がするのよね…)
生地自体は綺麗に焼けただけに、何かもの凄くショック…(´。`)

甘露煮がまだ少し残ってるので、それはまた追々何かで消費しなきゃ。
でも渋皮煮とこうも差が出ると、甘露煮でお菓子を作るモチベーションがなかなか上がりません(苦笑)
うーーーん、困ったぞ(^_^;;;
 
[PR]
by ginji2007 | 2008-11-17 23:02 | お菓子 | Comments(0)
さて、まずはこちらのお菓子をご覧下さい。
d0109683_1725288.jpg
このお菓子、何て呼んでますか?
私は「横綱」って呼んでます。 
他にも横綱あられとか綱あげとかひねり横綱とか、色々呼び名があるようですが、とにかくこのお菓子の見た目からして「綱」を連想させるのは間違いないようです。
私の勝手な想像ですが、元々は力士の横綱が締めるまわしの「綱」からこのお菓子が誕生したのでは?などと思っています。

で、この写真のお菓子。

最近よく見かけるスーパーやコンビニ等のプライベートブランドのような(それとはちょっと違うかもしれませんが)、105円均一で何種類も色々なお菓子が揃っているシリーズの中に、これがありました。

てっきり「横綱」だと思ったんですが…
 
d0109683_173287.jpg
                小結ですってよ!!(爆)

なんて控え目な名前なんでしょう!!(笑)
意味が分からない方のために説明しますと、相撲の順位って上から「横綱」→「大関」→「関脇」→「小結」→「前頭」になっており、会社にたとえると横綱を「社長」とするならば、前頭は「平社員」ってトコですかね。

そんな訳で、このお菓子の名前がいかに謙虚だかお分かり頂けるかと思います。
もう、ロデムさんと二人して大ウケ(笑)
その上、塩加減もちょうどよく、とても気に入ってしまいました。

という事で、ちょっと面白いな~と思ってUPしてみました。
  
[PR]
by ginji2007 | 2008-11-11 17:35 | お菓子 | Comments(2)
本当は週末に作る予定だったチーズケーキですが、予定がずれて今日になりました。
というのも、土曜日に宅配ピザを注文した時、一緒にサイドメニューのレアチーズケーキも頼んでしまったのです。
だって「数量限定」って書いてあったんだもん…(笑) ちょっと気になるじゃないですか。
でもね、ぶっちゃけ言うと値段の割にあまり美味しくはなかったんですよ。
あ~損な買い物した~~~って気分。

という訳で、がっかりした分を取り戻すべく、作りましたよ、チーズケーキ。
さすがにレアチーズが続くのはアレだと思ったんで、ベイクドで。

ベイクドの時は、たいていクリームチーズの箱に載ってるレシピで作っちゃいます(笑)
いつもフィラデルフィアのクリームチーズを使うのですが、確か前は普通のベイクドチーズケーキだったレシピが、今回はなめらかベイクドチーズケーキになっていました。
定期的にレシピが変わるんでしょうか??
普通のベイクドに比べると、卵と生クリームが倍量になっています。

で、完成したのがこちら。 
d0109683_21101471.jpg
やっぱりてっぺんが焼きすぎた~~
ベイクドチーズケーキが丁度いい色で焼き上がった試しがありません(´。`) 
とういわけで画像は小さめで(苦笑)

これ、一応途中でホイルを被せたんですよ。 で、一旦所定の焼き時間になったので焼き具合を確認しようと取り出してみたら、何となく色気が悪かったんですね。 しかも生焼け。
というわけで、今度はホイルを被せずに10分焼き時間を追加したんです。 そしたら今度はこんなに黒くなってしまいました(T_T) やっぱりホイル被せたままの方が良かったのかな…

カット面はこんな感じ。
d0109683_21121684.jpg
フィラデルフィアのレシピページにある完成図と全然違うのは何故…(汗)
色は原因がはっきりしているのでともかくとして、形状がまったく違うんですけど…何故?どうして?!
てっきり真ん中が凹むと思っていたんですが、思いっきり平ら…(^_^;;;
生焼けを気にして焼きすぎたんでしょうか? う~ん、謎です。

まぁ細かい疑問はこの際無視するとして(笑)、お味の方は美味しかったですよ~~!
「なめらか」というだけあって、普通のベイクドよりも軽めでしっとりしています。
スフレとベイクドの中間みたいな感じかな??
チーズケーキが好きな息子は、一口食べて「美味しい!」と言ってくれました。

d0109683_21261066.jpg
これを見たロデムさん(あ、夫です)、「自分で作ったの?」と訊いてきました。
焼き色の付き方がとても綺麗だったので、売り物だと思ったみたいです(売り物はこんなに焦げないですから!!)
そういえば今までの中で一番焼き面が綺麗かも!(焼きすぎだけど)
味の方も申し分なしだったみたいです。

というわけで、久々のベイクドチーズケーキは大成功???に終わったのでした(^▽^)
(…??ホントに大成功なんだろうか?(笑))
 
[PR]
by ginji2007 | 2008-11-10 21:44 | お菓子 | Comments(2)

「千年杉」@頂き物

先日、関西の実家へ帰省していた友達から、こんなお土産が届きました!
友達曰く、映画「ラストサムライ」のロケで来ていたトム・クルーズが、このお菓子をお土産に50本買っていった事で有名なんだとか。

d0109683_9195874.jpg
あぁ~紐の位置をちょっと下にずらせば良かったです。

このお菓子、「千年杉」っていう名前なんです。
説明を読むと、どうやらバウムクーヘンの中にクリームが入っているもの…との事。
一体どんなお菓子なんだろう??
興味津々で試食!!(笑)

切ってみるとこんな感じでした(あ~~~ピンボケ(>_<))
d0109683_920694.jpg
切った時に思わず「すっげー!」と感嘆した私。
(言葉遣いが悪いとかいうツッコミはナシの方向で(^_^;)

バウムクーヘンの模様を杉の年輪に見立てたお菓子だったんですね。とても綺麗です。
周りにはナッツがびっしり!中のクリームも甘すぎず、とても美味しかったです。
これならトム・クルーズが大人買い(?)するのも解るわ~~~(笑)

どうもご馳走様でした!!(^▽^)
 
[PR]
by ginji2007 | 2008-10-30 09:42 | お菓子 | Comments(2)
下の記事で書いたマロンパウンドのレシピを見直して、昨日、再びマロンパウンドを焼きました。

焼き上がった状態を見るとまずまずの出来かな~と思ったのですが、肝心なのは中身!!
カットしてみるとこんな感じでした。

d0109683_22143051.jpg
どうでしょう?前回のものと比べると、こちらの方がちゃんと焼けてるって感じしませんか?
で、心配していた味ですが、マロンペースト40gでも十分栗の味がしました!!
それに、刻んだ栗もこのくらいの大きさの方が存在感があっていいです。

というわけで、とりあえずマロンパウンドはこのレシピで完成って事で(^-^)
うふふ♪何だか嬉しいわ~~~
 
[PR]
by ginji2007 | 2008-10-27 22:24 | お菓子 | Comments(2)
昨日、自家製の栗の渋皮煮を使ってマロンパウンドケーキを焼きました。
というのも、なんちゃんさんの渋皮煮のパウンドケーキがめちゃめちゃ美味しそうで、これはもう真似して作ってみるしかない!って思ったんですよね~(笑)
もう、なんちゃんさんに影響されまくりです(^_^;

中にマロンペーストと粗みじん切りにした栗(いずれも@渋皮煮)が入ってます。
これがね、いつもバターケーキを焼く時の焼き時間(170℃で45分)で焼き上がりをチェックすると、めちゃめちゃ生焼けでびっくり!!
そこから更に20分くらい焼き時間を延長して、ようやく完成~!

…のはずが。
d0109683_2152137.jpg
これ、何か下の方が生焼けに見えませんか??
それとも焼けてるけどこうなっちゃうもの??
一応、竹串を刺して焼き上がりのチェックはしたんですけど…どうして~?!(>_<)

ちなみに分量はいつものバターケーキ(基本の材料≒100g)に、マロンペースト80gと渋皮煮60gを加えています。
180℃で焼いた方が良かったのかなぁ…??
マロンペーストが多すぎなのか、はたまた栗が細かかったのか、型から外すときにボロっと崩れそうになりました。
味は美味しかったんですよ~!!
前回、栗の甘露煮で作ったマロンパウンドよりも、「これぞ栗!」って感じの味がしました。
でも味が良くても形が悪いとちょっとなぁ…
それ以前に生焼けならもっとマズい!(汗)
あと、せっかく中に入れた栗が細かすぎてよく分からないのが失敗。

とりあえずこれは試作品って事で、先ほど分量を変更して作ってみました。
マロンペーストを60g、中に加える栗は少し大きめのぶつ切りで40gです。
これで生地がボロボロするのが少しは改善されるはず…??
栗も存在感が増すはずだし、ちょっぴり期待しちゃう(笑)
あと、上のケーキはグラニュ糖でしたが、今日焼いたのはきび砂糖にしてみました。
てか今回のも本当はきび砂糖にするつもりだったのに、すっかり忘れてグラニュ糖にしちゃたんですよね…(^_^;
これで少しコクが出るはず!
でも、マロンペーストを減らした分、栗の味がどうなるのかが心配…
あちらを立てればこちらが立たず…なマロンパウンドなのでした。

あ、今焼き上がったので、全体像のみ公開~(笑)
d0109683_21244137.jpg
ちょっと焼きすぎ?なくらい、神経質に焼いてみました(^_^;
今回は型から外しやすかったです。まずは型くずれの問題はクリア、ですね(多分)
あとはカット面がどうなってるかという事と、味かー(味が一番問題のような)
明日の試食がドキドキです。
 
[PR]
by ginji2007 | 2008-10-26 21:39 | お菓子 | Comments(0)

バナナブレッド

あ、ブレッドと言ってもパンではないです。
一応バナナケーキなんですが、バターの分量が少ないものを「バナナブレッド」と呼ぶそうです。

とにかく熟れたバナナが何本かあって、焦って作りまくりなのです。
いつもいつもバナナシフォンじゃあ面白くないなぁ~と思って、今回初めて作ってみたのがバナナブレッドという訳です。
ちなみに焼いたのは昨日の夜で、一晩冷蔵庫で冷やしてから切ると切り口が綺麗との事で、その通りにしてみました。
確かにスパッと切れて綺麗かも…?

d0109683_11274018.jpg
今までもバナナ入りのパウンドケーキを何度か作った事がありますが、それは全卵すり込み方式(ジェノワーズって言うんですかね)で、バターの量が卵とほぼ同量でしたが、今回は卵黄を卵白を分けて作るビスキュイという方法で、バターは卵の量に対してほぼ3分の1と少なめです。
作り方だけだと、まるでシフォンを作るような感覚でした。

肝心のお味ですが、冷蔵庫から出したてのものを食べたので、食感については正確なリポートは無理かと…(常温に戻してから食べないと駄目ですよね)
味はちょっと甘かったかなぁ…??
でも、どっしりとして「食べた」って気分になれるかも。

で、残るバナナですが、シフォンばかりはアレだと言いつつ、またまた今日、バナナシフォンを焼いてしまいました。
ちなみに米粉で作りました。
それと、今日焼いたやつにはチョコチップを入れたんですよ。
先日もバナナシフォンを焼いたばかりで、あと3切れ残ってるから、今度は違うバリエにした方がいいかと思って。
(それ以前にまたシフォンを作る事自体がどうなの?って話ですが(^_^;)

いつも作るやつはシナモンが入ってて、ついうっかり何も考えずにシナモン入りにしたんですが、チョコチップを入れるならシナモンは入れない方が良かったかなぁ~?などと思ったりしてます。
先ほど焼き上がったばかりなので、試食するのがちょっとドキドキ…

これで残るバナナはあと1本。
どうしましょ。 悩みます…
 
[PR]
by ginji2007 | 2008-10-20 11:48 | お菓子 | Comments(0)
先日作った栗の渋皮煮を使って何かお菓子を作ろうと思い、色々考えた結果、ここはやっぱりモンブランよね~って事で、モンブランに挑戦してみました。
せっかくモンブラン用の口金もあるし。

まずは全体像を…
d0109683_093877.jpg
なんともバランスの悪いモンブランになってしまいましたが、これが初めてという事で大目に見てやって下さい~(^_^;
マロンクリームをもっと綺麗に絞り出したかったんですが、慣れないと難しいもんですね。

上から見たらこんな感じ。 見た目が悪いのでちょっぴり小さめ画像で(笑)
d0109683_0104337.jpg
本当は放射線状にするつもりはなかったんですが、ケーキに高さがありすぎたのか、どうも上手く絞り出せず、こんな感じになっちゃいました。

ちなみに断面はこんな感じ。
d0109683_0122868.jpg
スポンジ(シフォン生地)の上に生クリームを載せて、その上にマロンクリームを絞り出しています。



実は地味ぃ~に色々と失敗しておりまして…(あ、見た目も失敗してますが(^_^;)
まず、土台にしたシフォン生地。 これはいただけなかったです(´。`)
スクエア型にあまり高さが出ないように生地を流して焼いたんですが、冷ましている間にすっかり萎んでしまい、生地が詰まって「しっとり」というよりも「ねっとり」って感じになってしまいました。
私としては「シフォンロール」の生地をイメージしていたんですが、ロールケーキよりも高さがあるので、ふんわりとさせるには無理があったみたいです。
後になってから、卵黄と卵白の数を同数にすれば違ってたのかなぁ~って思いました。

で、スクエア型に焼けたものを、丸いセルクルで抜いたんですが、このセルクルが大きすぎて…(直径7cm)、これにクリームを載せるとどんだけ大きいモンブランになるんだ?!って思ったので、せっかく綺麗に丸く抜いた生地を、直径5cmほどになるよう、ナイフでくり抜きました。
そのため今度は形がガタガタ(苦笑)
この時点でテンション下がりましたねー(^_^;;;

生クリームは特に問題なかったんですが、やっぱりメインのマロンクリームが手強かった~
まずはペースト状にすべく、ミルミキサーで頑張ったんですが、栗が固かったのと水分が少なかったせいで、刃に栗がこびりついて全然回らず…
レンジでチンして柔らかくして牛乳を足しても、思うようなペースト状になってくれず、途方に暮れる(笑)
で、あ!そうだ!!フープロがあったではないか!と思い出し、ダメもとでやってみたら、思いの外スムーズにペーストに近い状態になった!!
小さいからってあなどってはいけなかったんですねー(笑)
うん、なかなか良い仕事してくれるじゃないですか。

そのペーストを再び温め直して裏ごしし、それに生クリームを加えてマロンクリームの完成~!
味は…ん~~~ちょっと薄い(?)ような…
でもこの時点で甘みを足すかどうか、ちょっと悩んで止めたんですよね。 これが失敗。
完成してから食べてみたら、全然パンチの効いてないクリームで物足りなかった~~~!
マロンクリームが甘くて濃厚になる予定で、生クリームも土台のシフォンも甘さ控え目にしたんですけど…(T_T)
全体的に甘みの少ない、ボケた味のケーキになってしまいました。
結局、上に飾った渋皮煮の栗が一番美味しかったというオチがついたりして(^ー^;

やっぱり、甘さを強調するもの、控えるもののメリハリが利いてないと美味しくないんですね。
これは勉強になりました。
今度またモンブランを作る事があれば、この辺をきっちり押さえて頑張りたいと思います。
…ん~~~今度はあるのか?!(苦笑)
 
[PR]
by ginji2007 | 2008-10-17 00:41 | お菓子 | Comments(2)

栗の渋皮煮

今月は毎週水曜日更新でお届けしています(^_^;

…それはさておき。
一昨日~昨日にかけて、栗の渋皮煮を煮ていました。
栗の渋皮煮を作るのはこれが初めてです。
鬼皮(一番外側の固い皮)を剥きやすくするために、煮る前日から栗を水に浸していたので、栗を買ってから完成まで3日も要した事になります。
ただ栗を甘く煮ただけかと思ったら、意外と手間暇がかかってるんですね~

出来上がったのがコチラ。 
栗と言えば秋の代表的な味覚なのに、撮影に使った小物が春の代名詞である桜って…センスなしなしです(涙)
d0109683_9242828.jpg
なるべく色・形が良いものを厳選して撮しました(笑)
中には黒い筋がどうしても取れないものがあって、それって見た目がかなり悪いんですよね…あれって完全に取り除く事が出来るんでしょうか?? 何かいい方法があったら教えて下さいー!!

ちなみに私が参考にしたのは「マロンなお菓子」という本です。
まさに栗好きのための一冊(笑)
こちらの本によると栗の渋皮煮は「和菓子」のカテゴリにありました。
私、てっきり洋菓子だと思ってました…よく見ると「醤油」や「みりん」が入るんですよ!! なるほど、これなら和菓子と言われても納得です。

出来上がった味は…う~ん、これで合ってるのかな??
市販のモンブランに飾られているものは食べた事があるのですが、あまり意識せずに食べていたので、この味が正解なのか正直言うと自信がありません(^_^;
でも、これはこれで美味しいから成功かな~?(笑)
こんなに美味しいならもっとたくさん作ればよかった~~
最初は買った栗全部を渋皮煮にしようと思っていたのですが、初めてという事もあり、まずはレシピ通りの分量で挑戦してみようと思ったところ、買った栗の半分しか使わない事が判明。
残りは何にしたのかと言うと…栗ご飯にしちゃいました(笑) いや、これはこれで美味しかったからいいんですけどね♪

さて、この渋皮煮、どんなお菓子に変身させましょうか…
今、ちょっとだけ構想を練っているんですが、そもそも渋皮煮自体が初めてなので、そこから生まれるお菓子総てが私にとっては冒険というか実験というか(笑)
なるべく失敗しないように頑張らなくては!!
お菓子に化けたら、その時はまたここで報告したいと思います。
 
[PR]
by ginji2007 | 2008-10-15 09:59 | お菓子 | Comments(2)

お菓子・消しゴムはんこ・裁縫…雑多な趣味の画像倉庫。リンクフリーですが、ひと言いただけると嬉しいです。また、記事に関係のないコメントやTBはご遠慮願います。


by ginji2007