カテゴリ:お菓子( 91 )

今年下半期に作ったもの

ご無沙汰しています。
前回更新が9月…さすがにこのまま年を越すわけにはいくまい!と、慌てて記事書いてます。

せっかく写真を撮っても、その都度UPしないと忘れちゃいますよね…
というわけで、記憶を掘り起こしながら、シフォン以外にもあれこれ作ったものもあるので、ダイジェストで載せていこうと思います。

まずは、直径10cmのミニシフォン。
d0109683_2542991.jpg
いつも作っている17cm型の分量で、3個分作れます。
しかし型から綺麗に外れなかった…型が大きくても「ん?」って思う失敗なのに、小さくなったら余計目立つので、気をつけないとならないですね。

学校のPTA活動で知り合った人の繋がりで、消しゴムはんこ彫りの活動の仲間に加えて貰ったのですが、その集まりの時に持って行ったシフォン2種。
d0109683_31311.jpg
今年初めて挑戦した新フレーバー、ほうじ茶シフォンと、

d0109683_331157.jpg
多分、数年ぶりに作ったんじゃないかと思われる黒ごまシフォン。
何故かこれはラッピングしてから写真を撮ったという…

今年も作りました。秋と言えばこれ!
d0109683_351633.jpg
自家製、渋皮栗入りのマロンシフォン。
今回少しレシピを見直してみました。

何故これだけこういう写真にしたのか分からないんですが、ちょっとコジャレた感じにしてみたチーズクッキー。
d0109683_310918.jpg
こちらのクッキーはmarimo cafeさんに載ってるパイクッキー*チーズ風味のレシピで作りました。
私のお気に入りレシピのひとつです。

あと、一時期狂ったように焼いていたのがこれ。
d0109683_318511.jpg
本には「カントリークッキー」と載ってました。
中にチョコチップとくるみが入るレシピなんですが、私はそれにアーモンドダイスも加えました。
あと、レシピにはシナモンとありますが、たまにココアにもしてみたり。
ザクザクだけど割と軽いクッキーで、混ぜたらスプーンで落として焼くだけというのもあり、かなりハマってましたね~。

そして今月、クリスマス直前というわけではないですが、まぁそれに近い日付にPTA活動があったので、メンバーに差し入れと思って作ったのがこちら。
d0109683_3221768.jpg
ココアシフォンに生クリームを挟んでイチゴをトッピングしただけの簡単デコシフォン@クリスマス風(笑)
こういうデコったカットシフォンを見たのは初めてという人もいて、反応がとても楽しかったです(笑)

最後に、クリスマスイブに慌てて作ったケーキ。
d0109683_3242554.jpg
一応、ブッシュドノエルです^^;
生クリームがぼっそぼそになってしまって、中のクリームはまだしも、外側に塗ったのがどえらい事に…(><)
最初に生クリームを立てた時は緩かったんですが、そこに溶かしたチョコレートを加えて混ぜた途端、一気にゴテゴテの塊になってしまい…きっとチョコの加え方がまずかったんだと思いますが、もう、びっくり。
何事も経験ですね…次は気をつけたいと思います(でも、何が悪いか分からないのでどこをどう気をつけたらいいのか…;;)

今こうして写真で見たら、なんか上に載せた切り株が長すぎる気が^^;
作った時は結構これで精一杯だしーっていっぱいいっぱいだったんですが、改めて見ると生クリームがどうのこうの以前に、形が不格好すぎますね。

でも、見た目はともかく、味はそんなに悪くなかったんですよ!(笑)
中はココア生地のロールケーキなんですが、1回目は見事に焼きすぎて失敗しまして、2回目でようやく、少しふんわりした生地に出来ました。
なので、まぁびっくりするような変なケーキにはならなかったです。
ちなみに、夫の反応は「いいんじゃない?」で、息子は「美味い」でした(笑) うちの家族なら誤魔化せる!(笑)

というわけで、今年7月以降に作ったお菓子を駆け足で紹介しました。
 
来年はこんな事にならないようにマメに更新したい…って毎年言ってる気がしますが^^;
まぁ結局はのんびり更新でいくと思います。
こんなブログですが、来年もよろしくお願い致します。
皆様、良いお年をお迎え下さいませ~
 
[PR]
by ginji2007 | 2013-12-29 03:38 | お菓子 | Comments(0)

栗の季節です

毎度毎度の月イチ企画^^;

秋ですね~~~
私の大好きな栗の季節がやって参りました。
去年は生栗を買い損ねて、栗の渋皮煮を作る事ができず、よってマロンシフォンも作る事ができず悔しいシーズンを過ごしたのですが、今年はちゃんと買いました!!
(しかし、出始めに買った時は1ネット598円だったのが、この間見たら398円ってどういう事なの…orz)

いつもは1kgの栗を渋皮煮にするんですが、それだとシーズンの終盤で必ず足りなくなるので、今年は思い切って2kgの栗を購入!
鬼皮剥き器を買ったので(買ったのは去年…使わなかったけどね…)、鬼皮を剥く作業そのものはもの凄く楽でした。
ただ、単純に量がたくさんあって時間がかかったーーー!!
私が作る渋皮煮のレシピは、完成までに丸2日かかるのですが、その分、出来上がった栗はめちゃめちゃ美味しい~~~!!

でも、今年の栗は固いものが多かった気がします。
フープロ使ってペーストにしても、塊のままなかなかペーストになってくれなかったり、刻んでシフォンに入れると食感が悪かったり。
そのままで噛んで食べる分には多少固くても我慢できますが、ふわふわのシフォンに入れるとなると、あまり固いものは生地とのバランスが悪くなるので避けたいんですよね。

…とまぁ前置きが長くなりましたが、今季初のマロンシフォンを焼いたのでUPします。
d0109683_22475089.jpg
見ての通り、刻んだ栗が見事に底に沈んでしまいました(苦笑)
久々に作るとダメですね~~~すっかり要領を忘れてしまった感じです。

d0109683_22484932.jpg
実は今回、レシピをちょっと見直してみました。
見直したのは主に粉の量だったんですが、その他に、前は水分を牛乳にしていたのを、今回は水にしてみました。
食べてみた結果、粉の量は減らして正解という感じ。
でも、なんか薄っぺらい味なんですよね~~~。やっぱり牛乳に戻そうかな?
大好きな栗のシフォンだから、妥協はしたくないんですよねー
友達からも評判がいいシフォンなんで、それ以上のものに変えていきたい。
もうちょっと試作してから、友達のところに送りつけようと思います(笑)

それから、栗と言えばこれ!!
d0109683_2304684.jpg
栗の型で焼いたマドレーヌです。
もちろん、渋皮煮のペーストと、刻んだ渋皮煮が入ってます。
これ、自分で言うのもアレですが美味しい~~~!!
レシピはネットで拾ったものですが、砂糖の量を少し減らしてます。
それでも甘いかなーって感じ。

あと、レシピには蜂蜜とあるんですが、渋皮煮を作った時の煮汁を煮詰めたもので代用しています。
これで栗風味がUP!(って程ではないと思うけど、まぁ気持ちUPって感じで^^;)

形も丸くて可愛いし、作って満足、食べて満足なお菓子になりました^^
ただ、うちのオーブン焼きムラがあって…一度に6個焼ける型なんですが、真ん中の2個だけきっちり焼き色がつくけど、両端の2個ずつはちょっと焼き色が薄いんですよね。
まぁ生焼けにはなってないから問題ないんですが、見た目的にもうちょっと焼き色が欲しいところ。
でも、オーブンに入れる向きを変えたところで、真ん中だけが焼ける事には変わらないし、焼いている途中で生地の場所を入れ替える訳にもいかないので、6個中2個だけ濃い色になるのは致し方ないのかな…

ああ、またマドレーヌ作りたくなってしまったわ~(笑)
 
次の更新は…また月末になりそうな予感が^^;
とりあえず、更新のない月が出ないように頑張ります。
 
[PR]
by ginji2007 | 2012-09-30 23:28 | お菓子 | Comments(0)
イベントの時くらいはタイムリーな更新をしたいものです。

というわけで、昨日のバレンタインデーのために作ったお菓子をUPします。

まずはチョコフィナンシェ
d0109683_11355480.jpg
形は違いますが生地は同じです。
左のスティック状のやつはラフト型というフィナンシェ型で作りました。
スライスアーモンドを敷いてから生地を流してみたんですが、なんか美しくないですね^^;

このラフト型、ずっと欲しかったんですが意外とお高いので躊躇していたところ、去年の暮れにセール品を見つけたので即買いしました。
形がオシャレなので気に入って買ったんですが、実際にこの型で焼いたお菓子はとっても「食べやすい」!!(笑)
ますます気に入ってしまいました。
これは出番が多くなりそうな予感です。

右のハート型は、私がお菓子作りを始めてから初めてのバレンタインの時に購入したものです。
このぷっくりしたハートが気に入って買ったんですが…当時のオーブンはターンテーブルだったので、四角いこの型がオーブンに入らず…
幸いにも転勤前だったので実家のガスオーブンで焼いて事なきを得たんですが、その後は出番がないままでした。
ようやく去年の春に今のオーブンに買い替えたので、満を持しての登場!!(笑)
う~ん、やっぱり可愛いな、この丸っこいハート♪

本当は膨らんだ方(上面?)を上にして写真を撮れば良かったのかもしれませんが、そっちを下にして粗熱を取ってしまったので網の目がボコボコとついてしまいました。
ん??マドレーヌとかフィナンシェとか、どっちが「正面」なんでしょうか??型にくっついてる滑らかな方?それとも「おへそ」が出来る方??誰か知ってたら教えて下さい^^;

続いて、バレンタインの定番とも言えるガトーショコラです。
d0109683_1136512.jpg
手前のハート型が夫用、奥の丸型が息子用です。
なにしろうちの子、甘いもの大好きなのに加え、「人のものは自分のもの、自分のものは自分のもの」な子供なので、大きなケーキを「パパと2人で仲良く食べてね」なんて言ったところで、独り占めしそうな予感がするので、だったら1人1個ずつケーキをあげればいいのでは?と思い、分ける事にしました。

ところが昨日は私が焼いたチョコフィナンシェの他に、双方の実家から届いたバレンタインのお菓子がてんこ盛りで、ガトーショコラの出番はなし…^^;
結局、夫は今朝このケーキを食べてから出勤しました。息子は幼稚園から帰ってきたら食べる約束してます。
来年はフィナンシェかケーキのどちらか一方だけでいいかな~?

実は写真は撮ってませんが、チョコプリンも作りました。
というのも、フィナンシェを大量に作ったため、これまた大量の卵黄が余ってしまい…色々とレシピを探した結果、卵黄を消費するならプリンよね!って事でチョコプリンに決定。

うまく出来たら団地の園ママ達にお裾分けしようと思い、使い捨ての耐熱プラ容器を使って作ってみたんですが、いくら耐熱とはいえプラスチック。焼きすぎて溶けたら大変だ!って事で温度も焼き時間もほどほどにしてみたら、これがなかなか固まらなくて…何度試食しても生焼けで、思い切って温度を上げて焼き直したら何とか固まってくれました。
とりあえず園ママの1人からつい先ほど「とっても美味しかった!」とメールを貰ったので、良かったです。
(まぁこのママ友は何でも褒めてくれる人なので、過大評価と受け止めてマス…^^;)

それにしても我が家にはまだまだ大量のお菓子達が(しかも全部甘い!!)
全部なくなるまで一体何日くらいかかるのやら。
しょっぱいお菓子が恋しいよ~(苦笑)
 
[PR]
by ginji2007 | 2010-02-15 13:08 | お菓子 | Comments(6)
せっかく作った栗の渋皮煮、シフォンだけで消費するのは勿体ない!という事で、マロンパウンドケーキを作る事にしました。
いつもの1.5倍くらいの量を作って2つの型で焼きました。
中に渋皮煮のマロンペーストを混ぜ込んでいます。

安いパウンド型と、
d0109683_2134550.jpg


マトファーのパウンド型。
d0109683_2135755.jpg
う~ん、思ったような焼き上がりじゃないですね~
以前パウンドケーキを焼いた時は、もっと裂け目が大きくて山型に膨らんだ気がするんですが…

とりあえず期待してカットしてみたら…

安いパウンド型。
d0109683_2154247.jpg
む…生焼けですよね、これ…
実はこれ、一番マシな部分です。端っこの方。中はもっと生焼けでした。

↑の型よりも細身のマトファーは焼けてるかな…?と思いきや…
d0109683_2155523.jpg
もっと酷い生焼け!!( ̄□ ̄;)
あぁ~~~~ショックです。
竹串チェックでは生地がついてこなかったんですよ。
なのに切ったら生焼け。
これってどういう事でしょうか?
レシピが悪いのかな…?ぶっちゃけテキトーな分量で作ったので^^;

しかしこれ、味はいいんですよ~~~!!
味がいいだけにショックは大きい…(´。`)



実はこの後、数日おいてからまたリベンジしたんです。
同じ2つの型を使って、焼き時間も長めにしたんですが、やっぱり生焼けでした。
まぁこの写真のよりはマシにはなったんですが、それでも全然ダメ。
こうなると、レシピに問題ありなのが確実な気が…
あまりにもショックで写真撮りませんでした。

本当は、バザーのために集まってるみんなに差し入れしようと思っていたのに(私は自宅で別の作業をしていたので、集まりには参加していなかった)、こんなダメダメなものは他人にはお裾分けできない!って事で、家族で消費しました^^;

しかしこのリベンジ@失敗マロンパウンドは、失敗なのに夫から大絶賛!
生焼け=しっとり、と思っていたようで^^;
味はもちろん問題ないので、あとは焼き加減なんですけどね…まぁ夫が美味しいって言うんだから良しとします。
生焼けの食べても胃を壊してないし(爆)

それにしてもなぁ…何とかして生焼けを克服したいものです。
レシピを見直して出直すしかないですね。
でももう栗の季節が終わってしまった~~~私が住んでいる地域は雪が積もってますよ。すっかり冬です。
根雪になる前に、渋皮煮を使い切ってしまおうっと。
 
[PR]
by ginji2007 | 2009-11-04 02:28 | お菓子 | Comments(0)

レアチーズケーキ

今日は夫の誕生日という事で、夫の好物であるレアチーズケーキを作りました。
底に敷いてるビスケットは昨日の夜、焼いておきました。
いつもチーズケーキを作る時は、クリームチーズの箱に載っているレシピで作ることが多いんですが、こういうスペシャルな時はお気に入りのレシピで作ります。
(左下の「ライフログ」に載ってる「基本のお菓子」のレシピです。生クリームをホイップしてから加えます)

全体像。
d0109683_21125185.jpg
いやー、過去にも何度かレアチーズケーキの写真を載せてるんですが、相変わらずのっぺりしてます(^_^;
本当は上にミントの葉を乗せたかったんですが、近所のスーパーでは売り切れで…
今日は他にも色々やる事が盛りだくさんだったので、他のお店を探す事が出来ず、こんな状態になってしまいました。
一応、底にブルーベリーをパラパラと撒いてから生地を流しています。
それからブルーベリーのソースも作っておきました。

d0109683_21144269.jpg
ちょっとピンボケですが、上にソースをかけたらこんな感じ~~~

実はこれを作る時に、間違ってクリームチーズを倍量使ってしまいました(^_^;
いつも作ってるクリームチーズの箱レシピだと、1箱分(250g)まるまる使い切るレシピだけど、これは本当は120gだけで良かったんです。
でもいつものクセでつい全量を…(汗)
まぁ、倍に増えたところでそれほど影響がないとは思うのですが。
(夫も息子も文句言わないで食べてたし(笑))

あぁ~でも今度はちゃんと計っておかないとなぁ。
混ぜ始めてから計量ミスに気付いた時って、その後テンションが下がっちゃうので(苦笑)

ちなみに晩ご飯は夫のリクエストにより牛ステーキにフォアグラを載せたものでした。
あと、私の実家から牛すね肉が届いたので、生まれて初めてビーフシチューを作りました。
最初は赤ワイン煮込みにしようかなと思ったんですが、それじゃメインディッシュが2つになってしまう!と思って急遽シチューに変更。
でもビーフシチューって普通のシチューと違ってお肉がっつり系だから、スープのつもりで作ってもメインっぽいかも…(^_^;

あまり大した出来映えじゃないですが、「おまけ」に料理の写真も載せますので興味のある方は見てみて下さい(^-^)

「おまけ」
[PR]
by ginji2007 | 2009-09-01 23:27 | お菓子 | Comments(6)
最近おからにハマっている私。
おからパウンドケーキの次は、当然おからシフォンでしょう!!

ネットでレシピを探してみると「卵は普通の量だけどおからが異常に少ない」もしくは「おからはそれほど少なくないけど卵の量がハンパなく多い」のどちらかという感じ。
とりあえず、前者の「卵は普通の量だけどおからが少ない」レシピを自分なりにアレンジして作ってみました。
粉は全ておからに置き換えているので、小麦粉は一切使っていません。

しかし…焼いてる時から既に失敗を確信。
全然膨らんでませんよ!!!
いや、一瞬ほんの少しだけ膨らんだ気がしたんです。 でもそこまででした。

焼き上がり。
d0109683_17332448.jpg
凹んでる?!( ̄□ ̄;)
いえいえ、違います。
私はいつも生地を型に貼り付けて焼くんですが、今回も何も考えずにそのようにしました。
しかし、それは間違いだったのです。
私ったら「おからパウンド」の時に学習したはずなのに、すっかり忘れていたのです。

「おからは膨らまない」という事を!!

そうです、これ、型に流した生地の状態のまま焼き上がったんです!!
だから、ヘタに型に生地を貼り付けたりなんかしないで、そのまま平らにしてから焼けば良かったんです。

この写真だとよく判ると思います…
d0109683_17405020.jpg
膨らんでいないのがよく分かります(^_^;

ドキドキの型出し。
d0109683_17412714.jpg
あら?意外と普通(笑)
でもかなりキメが粗い感じがします。
そして、おからパウンドの時同様、てっぺん(この画像では底)は焼き色がついてるけど、他は何だか色白ちゃん…おからの特性??

カットしてみると…これがまた酷い。
d0109683_1742399.jpg
これ、一度は膨らもうと頑張ったらしいんですよ(笑)
でも、結局頑張ってはみたものの、重さに耐えかねて(てっぺんが)落ちちゃったみたいなんです。
だから、一度頑張った時に空洞が出来てしまったらしく(写真で少し穴が空いて見える部分です)、てっぺんのよく焼けた部分が蓋みたいになってパカッと剥がれちゃうんです。
(言ってる意味判りますかね…??うまく伝えられないんですが)

多分、型に貼り付けないでそのまま平らにして焼けばこんな事は起こらなかったと思うんですよ。
う~ん、これは想定外の失敗でした。
で、そうなると、このシフォンは型の8~9分目までしか生地の量がないので、当然、焼き上がっても高さが出ない事になります。

そこで!
ネットで見かけた「卵の量がハンパなく多い」レシピの理由を知る事となるのです。
最初、17cm型なのに卵が5~6個なんて多すぎ~って思ってたんです。
でも、そのくらい卵を使わないと、普通のシフォンの高さにならないって事なんですよね。
なるほどーーーー。 勉強になりました(笑)

というわけで、今度おからシフォンを作る時は卵の量を増やして、型に流した生地は平らのまま!で焼こうと思います。
おからの量はどうしようかな…少しだけ増やそうかな。
あまり少なくても卵臭いし、かと言って多いとどっしりしちゃいますしね~~~。 難しいです。



今回のおからは、普通のおからをフライパンで炒って使おうと思ったんですが、おからの量の割にフライパンが小さくて、途中で面倒になってしまい、レンジで水分を飛ばして使いました。
レンジでチンするとダマになるので、ミルミキサーにかけて粉末状にしました。

それが、これ。
d0109683_18121528.jpg
自家製おからパウダーですよ~~~♪
さらっさらです。
これで保存も利くし、お菓子に使うのも楽ちんだ~~~



今日はブラウニーを作りました。
手持ちの本に載ってたレシピで、分量通りだと18cmの角型1枚分だけど、倍にすると天板で焼けると書いてあったので、四角い天板で何かを焼く!のに憧れていた私は、迷わず分量2倍で天板に生地を流して焼きました!
(あ、オーブンペーパーは敷いてますよん)

で、焼き上がったのがこちら。
d0109683_19541464.jpg
ブラウニーって初めて作ったんですが、これでいいんだろうか???
中に胡桃が入ってます。

でもねー、天板の端っこ(手前側)が生焼けだったー。
あとで気付いたので焼き直しはせず…誰かの口に入る前に、自分でとっとと食べてしまいました(笑)
きちんと焼けた方は、ラッピングして団地の園ママにお裾分け。

しかしこのブラウニー、ちょっと甘過ぎ…
実はココアが足りなくなってしまい、どうしようかと悩んだ末、本当ならココア(飲料)になるはずだった「調整ココア」を使ってしまったのです。
調整ココアって砂糖が入ってるから、お菓子作りには使っちゃダメですよねー。
当然、その分を見越して砂糖の量を減らしたつもりではあったんですが、使ったチョコがスウィートチョコで甘かったのもあって、何だかくどい味に…(^_^;

息子が帰ってくる30分ほど前に焼き上がったので、家の中はチョコの甘~い匂いが充満してて、幼稚園から帰宅した息子が部屋に一歩入るなり「美味しい匂いがする!」と大騒ぎ(笑)
端っこの中途半端な部分を食べさせたら「美味しいー!」と何度もお代わり要求(^-^)
でもチョコと胡桃は食べ過ぎると鼻血が出る~って事で、途中で止めさせたけど…息子が喜んでくれたから、多少甘くてもまぁいっかって事にします(笑)
 
[PR]
by ginji2007 | 2009-05-19 20:12 | お菓子 | Comments(4)
昨日またおからパウンドケーキを焼きました。
今回は、前回のレシピに水飴を加え(その分砂糖を少々減らした)、胡桃も若干量を減らした上で、小さめに刻んでみました。
それから、型出しで失敗しないように面倒でしたが型にオーブンペーパーを敷きました。

焼き上がった直後。
d0109683_22172512.jpg
今回はちゃんと上面が平らになるように均しました(^_^;
あ、でもマフィンカップに入れた分は、あえてこんもりと山盛りにしてみました(笑)
だって、平らなカップケーキって変ですもんねぇ。

何故か敷紙を外した状態で写真を撮ってないんですよね…
なので、突然カット画像です(苦笑)

こちらが18cmの安い型。 
d0109683_22173567.jpg
結構、高さギリギリまで生地を入れたつもりだったんですが、意外と高さのないケーキになっちゃいました。
見た目は前回と大差ないですね。
でも、水飴を入れたお陰か、はたまた胡桃を小さくしたせいか、カットはしやすくなりました。

こちらはマトファーの16cm型。
d0109683_22174530.jpg
こちらの方がパウンドっぽい綺麗な形に焼き上がりました♪

でもどちらもてっぺんだけに焼き色が付いて、横は真っ白ですね…
かろうじて底の部分に少し焼き色がありますが…何故だろう??
生焼けではないので、焼き時間が短かったとは思えないのに、不思議~。

食感ですが、やはり水飴を入れた分、生地がほんの少し重たくなった気がします。
前回(レシピ通り)のは、本当にふわふわと軽くて、油断するとすぐ潰れてしまいそうなくらい柔らかかったんですが、これは割とどっしりしています。
とは言え、元々がふわっっっっふわの生地なので、どっしりしたと言っても「前に比べれば」の話で、これでも充分ふわふわです♪

味は、水飴を大さじ2加える代わりに砂糖を10g減らしてみたんですが、どうやら甘さの加減でいうと「水飴<砂糖」のようで、前回のに比べるとかなり甘さ控え目なケーキに仕上がりました。
とは言え、前回はレシピよりも砂糖の量を増やしているので、恐らく今回作ったケーキの甘さが、本来のレシピ通りの甘さじゃないかな?と思います。

胡桃は小さくして正解かも。
大きいと食感が楽しめるけど、その分胡桃独特の苦みっていうんですかね?それを感じてしまうので、かなり甘さ控え目のこのケーキが、更に甘くなくなってしまうと思うんですよね。
だから今回は分量も大きさも丁度良かったと思います。

せっかく型出しに成功したので、この2種類をそれぞれ1切れずつ袋に入れて、園ママにお裾分けしてしまいました。
みんな「え?おからでケーキ作ったの?」と驚いてましたよー(笑)
別れ際に渡したので感想は聞いていませんが、気に入ってもらえるといいな~~~
(まぁ私が考案したレシピじゃないので、充分美味しいはずなんですが…(^_^;)

パウンドケーキが続いたので、またシフォン焼きたい病が復活してきました(笑)
やっぱりプレーンシフォンをモノにしないとダメかなーーー
モコモコした最終生地を目指して精進しなきゃ!!
 
[PR]
by ginji2007 | 2009-05-15 22:35 | お菓子 | Comments(4)
下の記事に少し書いたんですが、一昨日、おからのパウンドケーキを焼きました。

参考にしたレシピはコチラ→Cpicon100%おからパウンドケーキ by lunafairymiena

なんと材料は「おから」と「卵」と「砂糖」だけ!!
(※レシピにはベーキングパウダーも書いてありますが、私は使いませんでした)
バターも油も使っていない、超ヘルシーパウンドケーキ!!(≧∇≦)

というわけで、分量を倍にして、2つのパウンド型を使って焼きました。
今回、お砂糖は「きび砂糖」で、レシピより若干量を増やしています。
それから、中に胡桃を入れました♪ きっと合うはず…(わくわく)

型に生地を入れ、余った分はマフィンカップに分けて…
d0109683_1944425.jpg
こんな感じ。
天板にパウンド型を2個並べて焼くの、憧れてたんですよね~(笑)
ターンテーブルだと出来ない技ですから!(苦笑)
パウンド型の真ん中が凹んでいるのは、膨らんだときに割れ目が出来やすくするためです。
いつもこのやり方でやると、綺麗に膨らんでくれるんですよ~。
(それにしてもデコボコ過ぎますね(^_^; まぁいつもは焼いてるうちに熱で均されていくので、この段階では結構大ざっぱです)
ちなみに、パウンド型の向かって右側が、ホームセンターなどでも手に入る安物の18cm型、左側がマトファー社の16cm型です。
マトファーの道具って高いですよね…(^_^; これは奮発して買いました。 なのに、まだ片手の数ほども焼いてません(苦笑)

で、焼き上がったんですが…
あれれれれ???膨らんでいませんよ!!
型に入れた状態のままの焼き上がりです!!(ショックなので画像は小さめで…)
d0109683_19304628.jpg
ベーキングパウダーを使ってないからでしょうか? それとも、おから100%だとこうなっちゃうの? いずれにしてもこれじゃ~大失敗ですよ~~(涙)

しかも!!
マトファーの方は綺麗に型出し出来たんですけど、安物の型は見事に失敗しました。
私、パウンド型の時って型にバター(今回は米油)を薄く塗って、強力粉をはたいてから生地を流すんです。
それは何故かと言うと、綺麗な焼き色を付けたいからというのが一つ、そして、型に合わせてオーブンペーパーを切るのが面倒だからです!(こっちの方が理由としては大きい(苦笑))
そして、焼き上がったらすぐ型から外して、網の上で粗熱を取っています。
で、今回のこのおからパウンド、安物の方は底面に生地が貼り付いちゃって、型をひっくり返したら半分くらいしか外れてくれず…それはそれは無惨な姿になってしまいました(涙)

左がマトファー、右が安物。 う~~~酷い写真ですね(汗)
さすがマトファー、こういうところで差が出るのかーって思いました(笑)d0109683_19362165.jpgd0109683_19363312.jpg
ちょっと側面の焼き色が薄いですよね。
焼き時間が短すぎたんでしょうか??
でも、生焼けじゃないんですよ~。

ちなみに断面はこんな感じ。
d0109683_19381215.jpg
凹型のパウンドケーキなんて初めて見た(^-^;
ね、しっかり焼けてるでしょ?(あまりよく判らないか…)

この生地、本当にふわっふわで美味しいですよ~~~
おからだって気付かないと思います。
きび砂糖にしたのは大正解な感じ♪ 胡桃の食感もバッチリ合ってます!!
しかし、胡桃の量が多すぎたのか、もしくはちょっと大きかったのか、生地をカットする時にナイフが胡桃に引っかかって、そのまま生地をえぐってしまい、大半がボロボロになってしまいました。
元々、ホロホロと柔らかい生地なので、胡桃を入れるならもっとしっとりさせないと切り分けるのは難しいかも…
それか、マフィンカップで焼いたやつはバッチリうまく焼けてたので、いっそ切り分けない方がアラが出ずにいいかも?!

昨日水飴を買って来たので、次回作る時はちょっとレシピをいじって水飴を加え、胡桃を入れても大丈夫な生地に出来るかどうか試してみたいと思います。
あ、胡桃を入れなければこのままの生地でも、切り分けるのは問題ないと思います。
是非、お試しあれー!
 
[PR]
by ginji2007 | 2009-05-13 23:05 | お菓子 | Comments(2)

トホホなお菓子…

桜餡がたくさん余っているので、全部シフォンに使うのも飽きてしまうと思い、別のお菓子に使ってみようと思い立ちました。
何がいいかな~?と考えを巡らしているうちに、ふと思いついたのが札幌の老舗お菓子メーカー「千秋庵」ノースマンというお菓子です。
こし餡をパイ生地で包んでいるこのノースマン、基本的に餡は苦手な私ですが、とっても美味しくて大好きなんです!

というわけで、桜餡をパイ生地で包んで焼いたらノースマンみたいになるんじゃなかろうか?と思い、作ってみる事にしました。
一応、パイ生地のレシピは持ってるんですが、ノースマンの生地って普通のパイと違ってしっとりしてるんですよね。
私が以前作ったことのあるパイはサクサクパリッとした生地なので、ちょっと違うよな…と思い、ネットで色々探してみました。
で、「パイ饅頭」というレシピを見つけたので、饅頭という事はしっとりしてるのかな…?と思い、試作してみたんですが…

あぁ~~~…
 

焼いてる時点で既に「違う」って感じ…
上に卵を塗らなかったからツヤがないせいもあるかもしれませんが、な~んか違和感が…

 
見てみます??
 
   ↓
 
   ↓

   ↓
 
   ↓
  
これです。
d0109683_147588.jpg
ふっ…┐(´ー`)┌ なんじゃ、こりゃ、ですよ(笑)
まずね、えっらい固いんです。
ノースマンはソフトな生地で、噛む時の音を表現するならば「はむっ」って感じです。
でもこれは「ぼりっ」って音がします(爆)
ぶっちゃけ、あまりパイっぽい生地ではないです。 ていうか、どこがパイ?!って思ったり…(^_^;;;
確かにこの生地作りの工程を見たら「ん?パイっぽくないねぇ」とは思ったんですけどね…
やっぱり最初は素直に普通のパイ生地で作ってみれば良かったです。

あまりにも心が折れたんで、断面の写真は撮ってません(^_^;
まぁ息子は喜んで食べてますけどね…私が目指してるのはこれじゃなーい!!
ロデムさん(夫です)に「ノースマンみたいにしたかったのに…」と言うと、ノースマンが好きなロデムさんは「いいねー、ノースマン。 家で作ってよ。 練習してみて」と言うではありませんか(笑)
というわけで、「家庭でノースマンを作ろう」という課題が新たに増えました(^_^;
もちろん、シフォン研究も続けますよ~~~

GWは実家へ帰るので、その時にノースマンを買って原材料を見てみようと思います。
果たして私のノースマン計画は達成できるでしょうか?!
今後のレポに乞うご期待!(笑) 
 
[PR]
by ginji2007 | 2009-04-17 14:24 | お菓子 | Comments(2)

レアチーズケーキ

連続投稿第3弾! あ、日付またいじゃった…
下にコーヒーマーブルシフォンと桜シフォンの記事ありますので、興味のある方はご覧下さいね~。

というわけで、第3弾はnotシフォン記事です。
シフォンばかり焼いてるとロデムさんが拗ねるので…(苦笑)
というか、我が家の男子はチーズケーキが好きらしく、時折「作って」とせがまれます。
今回はレアチーズケーキで、レシピはフィラデルフィアのクリームチーズの箱に載っていたもので作りました。
(残念ながら、そのレシピはサイトには載っていない模様。 何でだー)

型から外してお皿に載せて…何の飾りもなくそのままの状態なのがコレ。
d0109683_0123158.jpg
何だかだだっ広い板状の物体に見えますが…やっぱ飾りって必要ですよねぇ~これじゃ美味しそうに見えない!

カットすると、実は底にブルーベリーが隠れてたりするのです。
d0109683_0123947.jpg
ちなみに底に敷いてるビスケットは、以前焼いたコレの残り(型を抜き終わった余分な生地)を砕いたものです。

このチーズケーキ、ヨーグルトがたくさん入るので、かなりヨーグルト風味が強いです。
チーズ好きな人には物足りないような…??
でも息子は喜んで食べてました(お代わり要求(笑))
ま、たまにはこういうものも作ると変化があって楽しいものです。 型に流して後は冷やすだけ~というお手軽さもいいですね。

というわけで、怒濤の(?)3連続更新でした。
 
[PR]
by ginji2007 | 2009-04-12 00:20 | お菓子 | Comments(0)

お菓子・消しゴムはんこ・裁縫…雑多な趣味の画像倉庫。リンクフリーですが、ひと言いただけると嬉しいです。また、記事に関係のないコメントやTBはご遠慮願います。


by ginji2007