バニラシフォン

昨日、お昼前と夜にそれぞれバニラシフォンを焼きました。
今までプレーンシフォンは焼いたことありますが、バニラシフォンは初めてです。
せっかくバニラビーンズが手元にある事だし、基本がプレーンなら、おからや豆腐のシフォンと違って大きな失敗がなく焼けるはずと思い、自信を取り戻せるんじゃないかと思って挑戦してみました(笑)
まぁ、自信を取り戻すと言っても元々シフォンに対してそれほど自信がある訳じゃないので、とりあえず「ああ、失敗しなくて良かったなぁ」程度の感激が味わえればそれでよし、って事で(苦笑)

まず、1台目。
左:焼き上がり直後。 右:型出し前。
d0109683_21435540.jpgd0109683_21441137.jpg
何かどちらも代わり映えないような(苦笑)
いつもは型出し直前の写真は居間で撮るのですが、この時はちょうど息子の友達が遊びに来ていたので、居間はやめて台所で取りました。
背景が同じだから余計同じに見える(苦笑)

このシフォン、あまり高さがありません。
というのも、メレンゲを立て過ぎちゃって、卵黄生地と混ぜ合わせるのに時間がかかってしまったんです。
一度メレンゲがツヤツヤの時にチェックしたらまだ緩かったので、もうちょっと泡立てよう…とハンドミキサーを回したのが運のツキ。
気付いた時には泡立てすぎて、ツヤツヤだったメレンゲはボソボソになってしまいました。
はぁ~~~
で、なかなか卵黄生地と上手く混ざらないものだから、何度も何度も混ぜ合わせているうちにメレンゲの泡が消えちゃったんだと思います。

型出し後。
d0109683_21504555.jpg
な、何か汚い(^_^;
息子の友達を迎えに、その子の母親が来るという事で、せっかくシフォンを焼いたのだからお裾分けしよう…と慌てて型出ししようとしたのがいけなかったのかもしれません。
うーん、慌てるとロクな事がないですね。

カット。
d0109683_21561795.jpg
高さは出ませんでしたが、生地の状態は悪くなかったです。
どのカット部分もこの写真と似たような状態だったので、とりあえず合格点?

しかし、このシフォンは甘かったーーー!
バニラの甘ったるい香りで甘さが引き立ちすぎた感じです。
今度バニラビーンズを加えるなら、砂糖の量を少し減らさないとならないなぁ、と思ったのでした。
でもそのままママ友にお裾分けしちゃったわ~。 その人はバニラビーンズ大好きらしく、とっても美味しいと言ってくれたので一安心だったけど…ちょっとくどい甘さに感じてしまった…。
しかも、そのママ友の旦那様なんて、「売り物でも通用する」って言ってくれたらしい!!(感涙)
いや、この町に美味しいシフォンが買える店がないから、皆さん、シフォンに対して味覚のハードルが低くなってると思うんですよ(笑)
だとしても、喜んでもらえると嬉しいものですね。
おからシフォンと豆腐シフォンでどどーんと落ち込んだ私のテンションは、一気に上がったのでした(笑)



で、気分を良くした私は、夜になってまたまたバニラシフォンを焼いてしまいました。
今度は1台目の反省を活かし、メレンゲはボソボソになるまで立てすぎず、砂糖の量も若干減らしてみました。

やっぱりメレンゲがちょうどいい固さだと卵黄生地と合わせやすい、というのがこの2台目でよーーーく判りました。
必死になって混ぜなくても卵黄生地となじんでくれるんですよね~。
なるほど、こういう事なのかーと身をもって体験。

で、例によって焼き上がり直後(左)と型出し直前(右)
d0109683_22201267.jpgd0109683_22202798.jpg
メレンゲが潰れていないので、ちゃんと膨らんでくれました。
でも冷めたら萎んでますね…大丈夫かな。

型出し~~~
d0109683_22212724.jpg
こ、これも汚い…!!
うえぇ~ん…何でこうなっちゃうんでしょう?
あ、ちなみにパレットナイフ使ってます。
しかも、何度か側面をえぐってしまいました。…うう、ショック。

で、カットしてみたんですが…
d0109683_22225938.jpg
これはふんわりしていてなかなか良い感じですよ~~~
うふっ。 ちょっと自信がつきました。

…と、言いたいところですが、なんと。

d0109683_2224029.jpg
きゃーーーー!!
何ですか?!この大穴は!!
向こうが見えますよ!! まさにトンネルです。 シフォンに出来たトンネルの穴ぁ~~~

そうか…この穴のせいで、焼いてるときにぶわーっと膨らんだんですね。
メレンゲの力じゃなかったんだ…と、ここでまたテンションが下がる(苦笑)

でもね、これほどの穴が開いていたのはここだけなんです。
何でここだけ?!
こんなに大きい穴ってどうやったら作れるんだ?!(苦笑)
いやー、もう、びっくり…

でも、これは砂糖の量を若干減らしたせいで、甘さが丁度良く感じてなかなか美味しかったです。
この大穴さえなければ結構満足のいく出来だったのに…穴が…しくしくしく。

というわけで、穴の開いてない比較的マシな部分を団地の園ママにお裾分け(というか押しつけ)しました。
穴さえなければ、割と上手に焼けたと思うんです。…ってこの程度で自画自賛?!って思われるかもしれませんが、私にはこれでもなかなかの出来映えなんですよ。
これで「ぎんじも少しはマシなシフォン焼けるじゃない?」くらいに思ってもらえるといいなぁ…



そして今日、ドタバタと忙しい日だったんですが、その合間にとあるシフォンを焼きました。
連日のようにシフォン焼いてる…まさにシフォン病だわ(笑)

で、このシフォンについては後日改めて記事にしますが、とにかくもう「アラが目立った」シフォンになりました。
さて、そのアラとは…??
待て、次号…じゃなくて、次回の更新をお楽しみに~~~
(って楽しみにしてない??(^_^;)
 
[PR]
Commented by のんのん at 2009-05-31 14:05 x
ぎんじさん、焼き焼きしてますね~♪
いつも楽しく読ませてもらってますよ(^^)/

メレンゲの状態で、膨らみってやっぱり違ってくるんですね~!!
私はいまいち どの状態がベストかつかめてません(^^;
ついつい『しっかり』泡立ててしまうのです・・・

でも、ぎんじさん、このバニラシフォン美味しそうですよ~(*^^*)
私もバニラシフォン作ってみたくなっちゃった♪
Commented by ginji2007 at 2009-05-31 14:21
◇◆のんのんさん◆◇
ふふっ焼いてますよーーー♪
のんのんさんも焼いてますか~??

私も今まで「しっかり」泡立ててた方なんですが、
今回この2台を焼いてみて、メレンゲの固さと卵黄生地と混ぜ合わせる時の関係
みたいなものが、ちょっとだけ判った気がしました。
泡立て器を持ち上げた時に、ボウルに残ったメレンゲが少しおじぎする位の方が
卵黄生地とすーっと合わさってくれる気がします。
結果、ムキになって混ぜなくていいのでメレンゲを潰さないで済む、という訳です。

バニラシフォン、私は実はバニラの香りがちょっと苦手なんですが、
バニラビーンズを使うとリッチな気分になるので、プレゼントにはいいかな?
と思いました(笑)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ginji2007 | 2009-05-28 22:37 | シフォンケーキ | Comments(2)

お菓子・消しゴムはんこ・裁縫…雑多な趣味の画像倉庫。リンクフリーですが、ひと言いただけると嬉しいです。また、記事に関係のないコメントやTBはご遠慮願います。


by ginji2007