お世話になった先生へ 習い事編

この春小学5年生になった息子。
幼稚園に入る前から某音楽教室に通っていたのですが、今年度限りで辞める事にしました。
あ、その教室の今年度とは4月いっぱいの事です(新年度は5月からスタート)
当初は4月いっぱいまで通うつもりでしたが、息子のモチベも上がらないし、私も辞めると分かってるのに嫌々練習させてもな~という思いが出てきて、あと2回のレッスンを残してお終いにする事にしました。

というわけで、ここに引っ越してきてから2年間お世話になった講師の先生へ、シフォンケーキをプレゼントする事にしました。
フレーバーは無難にプレーンで。
d0109683_21405075.jpg
型出し直後の、ラッピングも何もしていない状態です^^;
これをいつもの通り台紙にレースペーパー敷いて載せて、OPP袋に入れて口をビニタイで縛って完了。
(雑な説明ですいません)

あと、これを焼く前の日に、ラム酒入りのシロップに漬けたドライフルーツケーキを焼いたので、それも2切れほどおまけにして渡しました。
先生のお口に合うといいんですけどね~

今回のこのプレーンシフォン、型出しした状態だと今まででベストでした。
いつも、上の方(型出し後は逆さまになるので画像では下の方)が腰折れみたいに溝ができちゃうんですが、今回はそういう事がなくてサイドがスッキリ!!!
こんなに綺麗に膨らんだ事ないわー!と思ったので思わず写真を撮ってしまったのでした(笑)
今までと同じレシピで同じように作ったはずなのに、どうして今回は成功したんでしょう…分からないから次も同じように成功するとは限らないのが悩ましい^^;

続いて、先週息子のお友達が遊びに来た時のおやつ用に作ったロシアンケーキ(絞り出しクッキー)です。
いつもマフィンばかりで飽きるかなーと思ったので、たまにはクッキーを。
d0109683_21410125.jpg
なかしましほさんの「まいにち食べたい“ごはんのような”クッキーとクラッカーの本」のレシピを参考にして作りました。
たまに卵が大きかったりすると生地がだれてしまい、焼いている途中で絞り出しの綺麗な形がなくなってしまう時があるのですが、今回はエッジが効いて綺麗な模様のまま焼き上げる事ができました。
(だから嬉しくなって写真撮ったのです(笑))

うちのオーブン、どうしても天板の真ん中部分だけよく焼けるというか、端っこが焼けないというか…
シフォンは常に1台で真ん中に置くからいいんですが、クッキーみたいに天板を端から端まで使うようなものになると、焼き上がりにムラが出来るので困りものです。
こればかりは天板の向きを変えても改善しないですからね~(どっちみち真ん中しか焼けないので)
真ん中にホイルを被せて焼き時間を長くするしかないですね…

このオーブンを使い始めて何年経ったかな…7年くらいかな。
まだまだ壊れそうにないので、しばらくはこの焼きムラとお付き合いですよ(´・ω・`)
ああでもガスオーブン欲しいなぁ~~

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ginji2007 | 2015-04-13 22:13 | シフォンケーキ | Comments(0)

お菓子・消しゴムはんこ・裁縫…雑多な趣味の画像倉庫。リンクフリーですが、ひと言いただけると嬉しいです。また、記事に関係のないコメントやTBはご遠慮願います。


by ginji2007