リボンのブローチ

今月中旬くらいに、ハンドメイドパーツのお店でちょっと大きめの薔薇のカボションを見つけ、このカボションを使ってリボンのブローチを作ってお友達にプレゼントしたいなー、などと思い始めました。
まずはデザイン画を描いてみることに。
d0109683_16393266.jpg
全体のイメージとしてはお友達の雰囲気に合わせて「可愛らしく」が大前提。
本体(ベロアなど)にトーションレースを重ね、真ん中には薔薇のカボション、そこにパールをぶら下げるか、もしくは他の飾りをつけるか…といった感じです。
このデザイン画を元にボチボチと材料を揃え始めました。
いかんせん、こういったアクセサリー作りには慣れていません。何が必要なのかを具体的に把握するためにも、デザイン画を描いたのは有効でした。

しかし、ここでひとつ壁にぶつかります(笑)
カボションはビーズと違って糸を通す穴がなく底が平らになっているので、基本は接着材で貼り付けて使うものだそうです。
上のデザインでいうと、出来上がったリボンに接着材でカボションを貼り付けるって事になるんですよね…。
洋裁学校出身で「針と糸で縫い付ける」のが体に染みついている私は、布にいきなり接着材で貼り付けるという事に少なからず抵抗を感じてしまい、何とかカボションを貼るのではなく縫い付ける方法はないものか?と考えました。

その結果…

思いつきました!(笑)
糸で縫い付ける事が可能な台座にカボションを貼り付けて、ボタンのように扱えばいいのです!
この案が閃いた時は思わず「私、天才…」などと思ってしまいました(大袈裟^^;)
まぁそんな訳で問題が解決し、無事、製作に取りかかることができました。

最初に作ったのはこちら。
d0109683_10193346.jpg
まぁまぁ図案に近いイメージかなぁ、と思ったのですが…
ダメなんです。これ。
何がダメって…デカすぎる!!(笑)
あまりのデカさにせっかくの薔薇が全然目立たない!!このデザインの「肝」なのにーーー!!

写真ではピンとこないと思いますが、下に敷いてるレースペーパーの直径が15cmです。
要するにこのリボンブローチ、15cmもあるんです。いや、15cm以上かな…
そんな巨大なブローチ、一体どこへ付けると言うのでしょうか?(笑)
ふんわりしたデザインならまだしも、ベロアでがっちりしたリボンなので、頑丈そうというか何というか…
とにかくこんなのはダメです。

というわけで、作り直す事にしました。
薔薇のカボションは縫い付けてあるだけなので、すぐ外せます(笑)
接着材で貼り付けていたら大変な事になるところでした。

作り直したのがこちら。
d0109683_10194024.jpg
細いレースがなかったので同じもので作るとベロアの部分がほとんど見えなくなってしまったのですが、大きさとしてはこちらの方が断然使いやすいと思います。
真ん中の結び目部分は、第1号はベロアにレースを重ねていましたが、こちらはレースだけをぐるぐると巻いた状態にしています。
白っぽい部分が増えた分、薔薇の存在が生きたかな?などと自画自賛してみたり…^^;
まぁ正直言えば、レースはもう少し細いのが良かった…(´・ω・`)
でも、今回レースを2種類買ったのですが、そのどちらも同じような太さだったので仕方ないです。

ちなみに両方の大きさを比べてみると…
d0109683_10194628.jpg
こんなに大きさが違うんですよー!(笑)
薔薇とパールを付け替えているので、第1号(上)は本体だけですが…
第1号の結び目部分、レースの模様の一番膨らんでる部分が薔薇の真下(結び目のど真ん中)にくるように合わせたつもりだったんですが、ずれてしまいました。
詰めが甘いですねー^^;
大きさだけじゃなく、こういうミスも作り直す要因となりました。

あと、パールを付けてる理由ですが、単純に華やかさをプラスするという役割もありますが、もうひとつ、リボンの上下を間違わないようにという意味合いもあります。
ベロアの生地は毛並みの向きがあって、逆毛で使うのが一般的です(ベルベットも同じです)。
光を当てた時の見え方が、逆毛の方が濃くて綺麗に見えます。
そんな訳で、このリボンも、毛並みが下から上へ向かってるんですよー。
以上、ベロア豆知識でした(笑)

今回は焦げ茶のリボンでしたが、もう1色、ベージュも買ってあるので、またいつかベージュのブローチも作ってみたいと思います。
もう1つのレースも可愛いのだ~。何とか形にしてあげたいです。作品になってこその素材ですからね!^^

[PR]
名前
URL
画像認証
削除用パスワード
by ginji2007 | 2015-01-28 23:20 | ハンドメイド | Comments(0)

お菓子・消しゴムはんこ・裁縫…雑多な趣味の画像倉庫。リンクフリーですが、ひと言いただけると嬉しいです。また、記事に関係のないコメントやTBはご遠慮願います。


by ginji2007